自動車保険での過失割合はどのように決まりますか?

 2024-05-26    25  

自動車事故が起こった場合、過失割合の判定は非常に重要です。過失割合が大きければ大きいほど、損害賠償額も大きくなるため、過失割合の判定には細心の注意を払う必要があります。ここでは、自動車保険における過失割合がどのように決まるのかについて解説します。

衝突形態

過失割合を判定する上で最も重要な要素の一つが衝突形態です。信号無視や一時停止違反などの明確な過失がある場合は、そちらに過失割合が大きく認められます。一方、双方に過失がある場合は、衝突形態などから過失割合を判定します。

自動車保険での過失割合はどのように決まりますか?

速度と制動距離

速度と制動距離も過失割合の判定に影響します。衝突時の速度が速いほど、制動距離が長くなり、過失割合が大きくなります。また、制動距離が短いほど、過失割合は小さくなります。

回避可能性

回避可能性も過失割合の判定に影響します。事故を回避できたかどうか、回避できたはずなのにしなかった場合は、過失割合が大きくなります。回避できたはずなのにしなかったという判断は、警察の判断や事故現場の状況などから総合的に判断されます。

過失相殺

過失相殺とは、双方に過失がある場合に、どちらの過失が大きいかを比較して、過失割合を判定する方法です。例えば、どちらの過失も50%である場合は、過失相殺によって過失割合はゼロになります。ただし、過失相殺が適用されるのは、過失が同程度の場合に限られます。

過失割合の判定は、警察や保険会社が独自の方法で行います。明確な過失がある場合は過失割合が大きくなり、過失がない場合は過失割合がゼロになります。過失割合については、保険会社に相談したり、弁護士に相談したりすることが大切です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1148.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。