よくある質問

自転車は日本では非常に一般的な交通手段ですが、日本では自転車に人を乗せて運ぶことは違法であることに注意してください。人を乗せるために自転車を利用する人はたくさんいますが、これは法律で禁止されています。

まず第一に、自転車は自動車のカテゴリーに属することを理解する必要があります。日本の「自動車運転免許証の申請及び使用に関する規則」の別表「許可される型式及び規格」によれば、自転車を運転するには「N」(普通三輪自動二輪車)または「N1」(普通二輪二輪車)が必要とされています。自動二輪車)運転免許証。「道路交通安全法」第11条により、自動車は道路を走行する前に公安機関の交通管理部門に登録しなければなりません。したがって、登録されていない自転車は人を乗せることができません。

2023-09-07  137
よくある質問

自転車事故は日本でよく起こります。交通の混雑する都市地域や自転車圏内の道路脇に整備された専用レーンなど、自転車利用者が増加している昨今では、自転車事故の被害者の方々も多くいらっしゃいます。

自転車事故に遭われた場合、示談交渉は避けて通れません。この記事では、自転車事故の示談交渉の仕方について解説いたします。

2023-06-09  159
よくある質問

自転車で人にぶつかってしまった場合、慌てずに落ち着いて対処することが大切です。その際、以下のようなことに留意してください。

まずは、怪我をしている人がいないか確認しましょう。もし怪我をしている場合は、すぐに救急車を呼びましょう。また、自分自身も怪我をしている可能性があるので、自分自身も痛みや異常がないか確認しましょう。

次に、警察に通報する必要があります。自転車で人にぶつかってしまった場合は、交通事故として扱われます。警察に通報することで、事故の詳細な情報を記録してもらうことができます。

2023-05-31  431
よくある質問

自転車事故の被害者は相手(加害者)に損害賠償請求できますが、自動車事故とは事情が異なるため、以下のような問題が発生します。

  • 事故の当事者同士で示談交渉する可能性が高い

  • いつ示談交渉を始めてよいかわからない

  • 示談交渉で何を請求してよいかわからない

  • 不利な過失割合になる可能性が高い

2023-05-26  480
よくある質問

自転車は自動車と同様に免許なしで利用できるため、身近な交通手段として広く普及しています。しかし、自転車に乗る人は交通ルールを守らないことが多く、自転車と歩行者との間で事故が多発しています。自転車事故は軽傷で終わらず、場合によっては死亡や重度の障害に至る場合もあります,では、自転車傷害保険は適用されるのでしょうか?自転車事故の損害賠償とは何ですか?

自転車傷害保険は適用されるのでしょうか

2023-05-24  211