対物全損時の修理差額費用補償特約はどうやって利用できますか?

 2024-06-10    14  

交通事故で相手方の過失によって車両が全損した場合、通常は時価相当額が保険金として支払われます。しかし、時価相当額では新しい同等車を購入したり、修理したりするのに不足する場合があります。そのような場合に備え、自動車保険に「対物全損時の修理差額費用補償特約」を付帯していることで、時価相当額と新車購入価格または修理費用の差額を補償してもらえます。

特約の利用方法

対物全損時の修理差額費用補償特約を利用するには、以下の手順で行います。

対物全損時の修理差額費用補償特約はどうやって利用できますか?

  1. 保険会社に事故の連絡をする。
  2. 保険会社から示談交渉の権限委任を受ける。
  3. 相手方の保険会社と示談交渉を行う。
  4. 相手方の保険会社と示談がまとまったら、保険会社に示談内容を報告する。
  5. 保険会社が示談内容を確認し、修理差額費用を支払う。

注意

対物全損時の修理差額費用補償特約を利用する際に注意すべき点があります。

  • 特約の補償限度額を超えると、超えた分の差額は自己負担になります。
  • 過失割合が一部ある場合は、過失割合に応じて補償額が減額されます。
  • 事故原因が契約違反によるものだった場合、補償が受けられない場合があります。

まとめ

対物全損時の修理差額費用補償特約は、車両が全損した場合に時価相当額以上の補償を受けられる便利な特約です。但し、特約の内容や注意点を理解した上で利用することが大切です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1507.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。