弁護士に特約で家族を加入させることは可能ですか?

 2024-04-25    19  

交通事故に遭われた場合、弁護士に依頼して示談交渉や裁判手続きのサポートを受けることが一般的です。しかし、交通事故に遭った本人だけでなく、家族も被害に遭うケースがあります。そのような場合、家族も弁護士に依頼することは可能なのでしょうか。今回は、弁護士に特約で家族を加入させることができるかについて解説します。

弁護士特約とは

弁護士特約とは、保険契約に付帯できる特約のひとつで、交通事故などのトラブルに遭った際に、保険会社が指定する弁護士に相談や代理人として依頼することができます。弁護士費用の一部または全額を保険会社が負担してくれるため、費用負担を軽減できます。

弁護士に特約で家族を加入させることは可能ですか?

家族を特約に加入させることはできるか

結論から言うと、多くの場合、家族を弁護士特約に加入させることはできません。弁護士特約は、保険契約者本人だけが加入対象となっているのが一般的です。ただし、一部の保険会社では、特約のオプションとして、「家族弁護士特約」や「家族補償特約」を用意している場合があります。これらの特約に加入すれば、家族も一定の範囲で弁護士に相談や依頼をすることができます。

家族弁護士特約に入るには

家族弁護士特約に入るには、保険契約時に特約を付帯する必要があります。特約の補償内容や費用は保険会社によって異なります。例えば、家族1名につき弁護士相談費用1回あたり5万円まで補償される、といった内容の特約があります。特約を付帯した場合、保険料が割増になりますので、加入の可否や費用を検討することが大切です。

家族への補償がない場合

家族弁護士特約に入っていない場合、家族が交通事故に遭った際には、本人とは別に弁護士に依頼する必要があります。その場合、弁護士費用は自己負担となりますので、高額になる可能性があります。交通事故の際に家族も被害に遭うリスクを考慮し、家族弁護士特約の加入を検討することをおすすめします。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/400.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。