駐車中の事故の過失割合はどのくらいですか?

 2024-04-26    23  

駐車中に発生する事故の過失割合は、状況によって大きく異なります。ここでは、一般的なケースにおける過失割合について説明します。

????された車両に衝突した場合

駐車中の車両に衝突した場合、加害者側の過失割合が100%となるケースが多いです。被害車両が適切に駐車されており、加害者の不注意や過失が衝突の原因であると認められるからです。

駐車中の事故の過失割合はどのくらいですか?

駐車車両が動いた場合

被害車両がパーキングブレーキをかけずに駐車されており、衝突の原因が駐車車両の動きであった場合、駐車車両側の過失割合が大きくなります。この場合、加害者側の過失割合は、駐車車両の動きを予測できなかったかどうか、回避措置を講じられたかどうかによって異なります。

双方が駐車中

双方の車両が駐車中で、衝突が発生した場合、過失割合は同等となることが多いです。ただし、どちらかの車両が駐車違反をしていた場合、過失割合が高くなります。また、どちらかが一方通行の道路を逆走していた場合など、明らかな過失行為があった場合も、過失割合が高くなります。

その他の要素

駐車中の事故の過失割合を判断する際には、以下のような要素も考慮されます。

  • 事故時の天候や視界
  • 車両の損傷の程度
  • 当事者の証言
  • 警察の事故報告書

過失割合の重要性

駐車中の事故の過失割合は、保険金の支払いや損害賠償の金額に影響します。過失割合が高いほど、保険金の支払い割合が増え、支払う損害賠償額も大きくなります。

過失割合に関するトラブルを防ぐためには、事故が発生したらすぐに警察に通報し、正確な事故報告書を作成しておくことが重要です。また、保険会社に連絡し、補償内容を確認することも大切です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/429.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。