駐車場での接触事故の過失割合はどうなりますか?

 2024-04-27    19  

駐車場内の接触事故における過失割合の判断は、複雑な問題です。過失割合は、加害者と被害者のそれぞれの過失の程度によって決まります。以下に、駐車場での接触事故における過失割合を判断する際の考慮事項を示します。

過失認定の基準

過失認定の基準は、道路交通法第70条に規定されています。過失があるとは、

駐車場での接触事故の過失割合はどうなりますか?

  • 故意または過失により
  • 交通の安全と秩序を乱し
  • 他人に損害を与えた場合
をいいます。

駐車場での接触事故における過失割合の判断

駐車場での接触事故における過失割合の判断は、以下の要素を考慮して総合的に行われます。

  • 過失の態様(違反行為の内容や程度)
  • 危険の発生の蓋然性(事故発生の可能性)
  • 損害の程度(被害の大きさ)
  • 事故時の状況(見通しの悪さや速度)
  • 加害者と被害者の供述
  • 目撃者の証言
  • ドライブレコーダーの映像

典型的な駐車場での接触事故の過失割合としては、

  • 駐車中に接触された側:20~30%(無過失に近い)
  • 駐車中に接触した側:70~80%(過失が大きい)

ただし、加害者が駐車中であっても、急ハンドルを切ったり、速度を出しすぎたりするなど重大な過失があった場合には、過失割合が逆転する場合もあります。

過失割合の重要性

過失割合は、交通事故の損害賠償金の額に大きく影響します。過失割合に応じて、加害者は被害者に対して損害賠償金を支払う必要があります。

駐車場での接触事故に遭われた場合は、適切な過失割合の認定を受けることが重要です。過失割合の認定に納得がいかない場合は、弁護士に相談することを検討してください。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/451.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。