交通事故での慰謝料の過失割合はどのように決まりますか?

 2024-05-21    38  

交通事故が発生した場合、怪我をした被害者の治療費や休業補償、精神的苦痛に対して補償される慰謝料は、過失割合によって決まります。

過失割合は、加害者と被害者のそれぞれの過失の程度によって決まり、過失割合に応じて慰謝料の額が決定されます。過失割合は、警察の事故調査書や裁判所の判例を参考に行われます。

交通事故での慰謝料の過失割合はどのように決まりますか?

過失割合の基準

過失割合の基準は、事故の状況や加害者?被害者の行動などに応じて異なります。以下に一般的な過失割合の基準を記載します。

  • 加害者が信号無視など明らかに重大な過失がある場合:100%~90%
  • 被害者が歩行中に携帯電話を使用していて注意散漫だった場合:30%~50%
  • 加害者がスピード違反をしていたが、被害者も横断歩道外を横断していた場合:70%~80%

慰謝料の計算方法

慰謝料の計算方法は、過失割合と被害者の怪我の程度に応じて異なります。一般的な計算方法は次のとおりです。

  • 1日あたりの慰謝料を算出します。計算式は「日額単価」×「加害者の過失割合」です。
  • 日額単価は、被害者の年齢、怪我の程度、後遺症の有無などによって決まります。
  • 怪我の期間に応じて、1日あたりの慰謝料を合計することで慰謝料の総額が算出されます。

過失割合と慰謝料の金額

過失割合に応じて、慰謝料の金額は大きく異なります。以下に、一般的な過失割合と慰謝料の金額の例を示します。

  • 過失割合50%の場合の慰謝料:総額の50%
  • 過失割合30%の場合の慰謝料:総額の70%
  • 過失割合10%の場合の慰謝料:総額の90%

交通事故で慰謝料を請求する場合、過失割合を適切に把握することが重要です。過失割合を正確に判断することで、適正な慰謝料を受け取ることができます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1016.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。