既存障害とはどのような状態を指しますか?

 2024-05-22    40  

既存障害とは、交通事故による負傷者が、事故発生前に既に持っていた疾患や障害を指します。

交通事故により、既存障害が悪化したり、症状が顕著になったりすることがあります。このような場合、既存障害の悪化分について、自賠責保険または加害者から損害賠償を受けることができます。

既存障害とはどのような状態を指しますか?

既存障害と後遺障害

既存障害と後遺障害は異なる概念です。後遺障害とは、交通事故により新たに生じた身体的または精神的な障害を指します。既存障害は事故前から存在していたものであり、後遺障害は事故後に新たに発生したものです。

既存障害による損害賠償

既存障害が悪化した場合、以下の損害について損害賠償を受けることができます。

入通院費:既存障害の治療費 慰謝料:既存障害の悪化に伴う精神的苦痛 逸失利益:既存障害の悪化により働けなくなった期間の収入 後遺障害逸失利益:既存障害の悪化により将来の収入が減少する見込みがある場合

損害賠償額の算定

既存障害による損害賠償額は、以下のような要素を考慮して算定されます。

既存障害の程度 交通事故による既存障害の悪化度 既存障害の治療期間 既存障害による日常生活への影響 既存障害による将来の収入への影響

既存障害による損害賠償請求を行う際は、医師の診断書や治療費の領収書などの証拠を提出することが重要です。また、交通事故に詳しい弁護士に相談することで、適切な損害賠償額の算定や手続きのサポートを受けることができます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1039.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。