非接触事故で相手が過失を認めずに逃走した場合の対応方法は?

 2024-05-23    22  

交通事故で被害を受けた場合、加害者が過失を認めず、現場から逃走してしまうケースがあります。このような状況は、非接触事故と呼ばれます。被害者としては、加害者を特定できず、適切な補償を受けることが困難になるため、大変不安な状況です。このような場合、適切な対応をとることで、加害者の特定や補償金の獲得につなげることができます。

1. 警察への通報

事故が発生したら、まずは警察に通報しましょう。警察は事故現場の記録や目撃者の情報を収集し、捜査を行います。また、逃走した加害者の情報を提供することもできます。ただし、警察が捜査をしないケースもあります。その場合は、被害者自身が加害者を特定する必要があります。

非接触事故で相手が過失を認めずに逃走した場合の対応方法は?

2. 目撃者情報の収集

事故現場近くに目撃者がいる場合は、必ず情報を収集しておきましょう。目撃者の証言は、加害者の車種やナンバープレート、逃走の方向などを特定する貴重な情報源になります。また、目撃者に連絡先を教えてもらい、後ほど証言を求めることができるようにしておきましょう。

3. ドライブレコーダーの確認

自分の車にドライブレコーダーが搭載されている場合は、必ず確認しましょう。ドライブレコーダーには、事故当時の状況が記録されている可能性があります。映像があれば、加害者の車種やナンバープレートを特定できるかもしれません。また、ドライブレコーダーの映像は警察に提出することで、捜査に役立てることができます。

4. 保険会社への連絡

事故が発生したら、すぐに保険会社に連絡しましょう。保険会社は、事故調査や補償金の請求手続きを支援してくれます。また、加害者が特定できない場合でも、被害者が保険金を受け取れるようにサポートしてくれる場合があります。

5. 法律相談

上記の手順を踏んでも、加害者を特定できない場合や、保険金が支払われない場合は、法律相談を検討しましょう。弁護士は、加害者の特定や補償金の請求手続きにおいて、専門的なアドバイスやサポートを提供してくれます。

非接触事故の被害者としては、不安や焦りを感じるかもしれませんが、冷静に対処することが重要です。適切な対応をとることで、加害者の特定や補償金の獲得につなげることができます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1078.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。