事故相手が無保険だった場合、補償はどうなりますか?

 2024-05-26    20  

交通事故の被害者として、加害者が無保険だった場合、適正な補償を受けることが困難になる場合があります。このような事態に備えて、無保険車両による事故の対応策を知っておくことが大切です。

無保険車両による事故の補償

日本では、すべての車両に自賠責保険への加入が義務付けられています。自賠責保険は、事故を起こした加害者に過失があってもなくても、被害者に一定の補償を行う保険です。ただし、自賠責保険の補償範囲には限界があり、高額な損害が発生した場合は十分な補償が受けられない場合があります。

事故相手が無保険だった場合、補償はどうなりますか?

加害者が任意保険に加入していた場合は、自賠責保険の補償を超えた部分についても補償を受けられます。しかし、加害者が無保険だった場合は、任意保険からの補償を受けることができず、自賠責保険の限度額を超える損害については、加害者自身に請求することになります。

無保険車両による事故への対応

無保険車両による事故に遭った場合は、次の手順に従うことが重要です。

  1. 警察に通報する。
  2. 事故の状況を正確に記録し、可能な限り証拠を集める(写真撮影、目撃者の連絡先など)。
  3. 加害者の情報をすべて取得する(氏名、住所、電話番号、車両ナンバーなど)。
  4. 自賠責保険会社に被害届を提出する。

補償を受ける方法

加害者が無保険だった場合、自賠責保険の限度額を超える損害については、加害者自身に請求することになります。ただし、無保険運転者は経済的に余裕がないことが多く、実際にお金を回収するのは難しい場合があります。

このような事態に備えて、加入している任意保険の「無保険車傷害特約」が役立ちます。この特約に加入しておくと、加害者が無保険だった場合でも、任意保険会社から一定の補償を受けることができます。無保険車両による事故のリスクを軽減したい場合は、この特約への加入を検討することをお勧めします。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1142.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。