事故の査定額に差額がある場合、どうすればいいですか?

 2024-05-28    32  

交通事故が発生した場合、保険会社から提示される査定額は、場合によって差額が生じる場合があります。このような場合、どう対応すべきか迷う方も多いのではないでしょうか。本記事では、事故の査定額に差額がある場合の対処法について解説します。

異議申し立てをする

査定額に不満がある場合は、保険会社に対して異議申し立てを行うことができます。異議申し立てを行う際には、以下の事項を記載した書面を保険会社に提出します。

  • 査定額に不服がある理由
  • 適正な査定額だと考える理由
  • 適正な査定額を算出した根拠
異議申し立ては、査定結果の通知日から30日以内に行う必要があります。また、異議申し立てを行う際には、修理見積書や診断書などの証拠書類を添付すると説得力が増します。

事故の査定額に差額がある場合、どうすればいいですか?

弁護士に相談する

保険会社との交渉がうまくいかない場合や、査定額の差額が大きい場合は、弁護士に相談することを検討しましょう。弁護士は、適正な査定額の算定方法や、保険会社との交渉に関する知識を有しています。弁護士に相談することで、より有利に交渉を進めることができます。

過失割合を確認する

査定額の差額は、過失割合によって生じる場合があります。過失割合とは、事故の発生における各当事者の責任割合のことです。過失割合が低いほど、支払われる賠償金は高くなります。過失割合については、警察の事故報告書や保険会社の調査結果で確認することができます。

証拠を収集する

査定額に異議申し立てを行う際には、証拠となる資料を収集することが重要です。以下のような資料を収集しておくと、適正な査定額を算出するための根拠となります。

  • 修理見積書
  • 診断書
  • 事故報告書
  • 目撃者の証言
また、事故現場の写真や動画を撮影しておくと、状況をより明確に説明することができます。

事故の査定額に差額がある場合は、まずは異議申し立てを行いましょう。それでも解決しない場合は、弁護士に相談したり、証拠を収集して適正な査定額を主張したりすることが重要です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1177.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。