交通事故の後遺障害の等級はどう判定しますか?

 2024-06-05    13  

交通事故の後遺障害の等級は、事故による負傷の程度や機能障害を評価して決定されます。等級の認定は、自賠責保険認定医によって行われます。

後遺障害の等級の判定基準

交通事故の後遺障害の等級はどう判定しますか?

後遺障害の等級は、以下の基準に基づいて判定されます。

  • 負傷の程度
  • 機能障害の程度
  • 日常生活への影響
  • 就労能力の低下

負傷の程度

負傷の程度とは、怪我の重症度のことです。骨折、脱臼、脳震盪、脊髄損傷などの重大な怪我は、より高い等級に認定される可能性があります。

機能障害の程度

機能障害とは、怪我によって引き起こされる身体的または精神的な機能の障害のことです。歩行困難、食事困難、記憶障害などの機能障害は、等級の認定に影響します。

日常生活への影響

後遺障害は、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。食事、入浴、着替えなどの日常生活動作が困難になると、等級が高くなります。

就労能力の低下

後遺障害が就労能力に影響を及ぼすと、等級が高くなります。怪我によって仕事ができない、または以前の仕事ができなくなった場合、等級が上がる可能性があります。

後遺障害等級の認定手続き

交通事故の後遺障害の等級認定を受けるには、以下の手順に従います。

  1. 自賠責保険認定医を受診する
  2. 医師の診断書を作成してもらう
  3. 自賠責保険会社に診断書を提出する
  4. 自賠責保険会社が等級を決定する

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1387.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。