非接触事故での言いがかりについて教えてください。

 2024-06-15    117  

交通事故が頻発していますが、その中には「非接触事故」と呼ばれるものがあります。非接触事故とは、2台以上の車両が接触していないにもかかわらず、車両の一方に損傷が発生したり、乗員にケガを負ったりする事故のことを指します。交通事故では、接触有無にかかわらず、警察への届け出が必要となりますが、非接触事故の場合は、当事者間のトラブルになってしまうケースが多々あります。特に、一方の主張が一方通行となり、言いがかりとなってしまうケースが散見されます。

言いがかりの例

非接触事故における言いがかりの例としては、以下のようなものが挙げられます。

非接触事故での言いがかりについて教えてください。

  • 「私の車が停車していたところ、後ろから来た貴方の車が急に追突してきた」
  • 「貴方の車が急ハンドルを切ったため、私の車が回避できずに接触事故を起こした」
  • 「貴方の車がスピードを出しすぎていて、私の車が巻き込まれた」

言いがかりへの対処法

非接触事故で言いがかりをされてしまった場合、以下のような対処法が考えられます。

  • 現場を写真に撮る、またはドライブレコーダーの映像を確保する
  • 目撃者がいる場合は、その方の連絡先を控える
  • 警察に事故届を出し、記録に残してもらう

保険会社への対応

非接触事故で言いがかりをされた場合は、早めに保険会社に連絡しましょう。保険会社の担当者が、事故調査や相手方との交渉を代行してくれます。また、以下のような点にも注意しましょう。

  • 相手方から示談を持ちかけられた場合、安易に応じない
  • 保険会社に相談せずに、相手方と直接交渉しない
  • 事故に対する対応を明確に記録に残す

非接触事故は、当事者間の主張が食い違いやすく、トラブルになりやすい事故です。言いがかりを避け、適正な処理を行うためには、適切な証拠を確保し、保険会社に相談することが重要です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1597.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。