もらい事故で新車に買い替える場合の手続きは?

 2024-06-27    17  

交通事故に遭ってしまって、相手が加害者となった場合、過失割合や損害賠償金など、さまざまな手続きが必要になります。今回は、相手が加害者となった「もらい事故」で、自分の車が全損や修理不能となってしまい、新車に買い替える場合の手続きについて解説します。

事故後の対応

事故後、まずは警察に届け出をし、事故証明書を取得しましょう。その後、相手側の保険会社に連絡し、事故の状況や損害内容を報告します。事故証明書や見積もり書などの必要な書類を提出して、保険金の支払いを申請しましょう。

もらい事故で新車に買い替える場合の手続きは?

新車購入のための書類

保険会社から保険金が支払われたら、新車を購入するための書類を準備します。必要な書類は次のとおりです。

  • 車検証の原本
  • 自賠責保険証明書のコピー
  • 印鑑証明書
  • 委任状(保険会社指定の用紙を使用)
  • 自動車税納税証明書(または非課税証明書)

ディーラーでの手続き

新車の購入手続きは、ディーラーで行います。必要な書類を提出すると、ディーラーが保険会社と連絡を取り、残りの手続きを代行してくれます。ディーラーで車両代金と税金などを支払って、新車の引き渡しを受けましょう。

保険金の精算

新車を購入すると、保険会社が保険金を精算します。保険金は、車両代金、税金、自賠責保険料、登録料、手数料などをすべて含めて支払われます。ただし、過失割合がある場合は、保険金が減額されることがありますので注意しましょう。

注意事項

  • 保険金の支払いには時間がかかる場合があるので、新車の購入は保険金が振り込まれてから行いましょう。
  • 過失割合がある場合は、車両代金の一部を自分で負担する必要があります。
  • 保険会社によっては、指定ディーラーでの購入を条件にしている場合があります。指定ディーラーがあるかどうかは、事前に保険会社に確認しましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1873.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。