いくつかの一般的な事故形態の車両痕跡分析

 2023-09-07    137  

交通事故では、事故車両や衝突物にさまざまな痕跡や物的証拠が残ります。これらの痕跡の物的証拠は、主に位置、形状、大きさ、高さ、角度、方向、車体の損傷度合い、付着物、飛散物等を分析することにより分析されます。物的証拠により、事故の原因や経過を総合的に判断します。、事故の内容から、疑わしい車両の種類を推測し、事故を起こした車両を特定します。事故の主体と対象は異なり、形成された環境も異なり、事件の分析方法も異なります。これらの痕跡や物的証拠は、交通事故の事実解明や交通事故責任の認定、違反者の責任追及において非常に重要な役割を果たします。以下に、いくつかの一般的な事故形態の痕跡分析について説明します。

いくつかの一般的な事故形態の車両痕跡分析

1.道路等の固定施設に自動車が衝突した痕跡の解析

自動車による固定施設への影響とは、主に道路のガードレール、免震杭、花壇、道路標識、街灯の各種表示柱や道路両側の樹木や建物などへの自動車の影響を指します。いくつかの理由。

1.トレース特性。

道路施設は一般に静止状態にあり、その位置、大きさ、形状等が変化せず、硬さや強度等の物性も比較的固定されているため、解析や判断が比較的容易である。

2.自然の特性。

事故のほとんどは一方的なものです。事故の原因は、車両自体の性能、遭難時のドライバーの不適切な取り扱い、運転中の無神経などが主な原因です。

3.分析方法。

(1)自動車や道路施設の衝突痕の高さや大きさを地上から測定し、痕跡の形状や痕跡の始点・終点を観察する。

(2)車両の刻印と道路施設の損傷箇所の刻印を比較する。衝撃の位置や方向を判定し、車両と道路施設が連続的に衝突する位置を解析・特定し、車両の進行方向を決定するために利用されます。

(3)高速道路施設の衝突痕に付着した付着物(主に塗装剥片やパテ)の色と厚みと、自動車の衝突痕から剥がされた塗装剥片の色と厚みを比較し、色と厚みの特徴が一致しているかどうかを判断します。互いに一貫しています。必要に応じて、微量の物的証拠の定量分析を実行します。

(4)現場から落下した残骸や痕跡物質のできるだけ多くの写真を撮影し、それらを現物で抽出して分析し、事故車両との関係を特定し、車両の種類や個人の分析に向けた強固な基礎を築く。識別。

2.自動車が歩行者に衝突した痕跡の解析

(1)衝突するかどうか

1.歩行者の衣服から始めて、衝突により歩行者の衣服にゴミや汚れなどが付着していないか、衣服の一部に変形、白化、薄化、損傷、破れ跡がないか、赤みや赤みがないかなどを確認します。歩行者の表皮の腫れ、汚れ、損傷等。上記の痕跡および損傷の高さ、形状および付属品の性質が自動車の対応する部品と一致しているかどうか。

2.車両から始めて、車両の左右のフロントバンパー、ボンネット、バックミラーを点検します。

3.分析の難しさ:歩行者が地面に転落した後、地面の粉塵や土が衝突時に残った粉塵や土を覆っている可能性が高く、2つの衝突の結果を区別するのが難しい場合が多いため、結論を導き出す必要があります。慎重に。こすれた跡があるかどうかは、地面に落ちた後にはできないこすれた部分のこすれた跡を見つけられるかどうかがポイントです。説得力のあるこすりの痕跡が見つからなかった場合、本当の理由を見つけるのは難しい、または絶対に存在しないと大胆に判断した人もいます。発見または区別が困難な場合は、摩擦の可能性を完全に排除することはできず、決定的でない結論が許容され、肯定的または否定的な結論に固執しません。必要に応じて検査に供し、分析の基礎となる土壌成分の定量分析を行うことができます。

(2)はねられた歩行者の態度

歩行者が立っているか、前かがみか、あるいは横たわっているかは、自動車の衝突点と歩行者の姿勢の基準となる歩行者の衝突点に基づいて判断される。そして地盤は比較的安定しています。

1.立ったり歩いたり。(1)自動車の前部が立っている歩行者に衝突した場合、乗用車などの小型車両のフロントバンパーは比較的突出しているため、最初の衝突点はバンパーの上下と歩行者の膝となる。車のボンネットには車体の形状に沿った凹みが広範囲に残り、多くの場合は斜面状の凹みが残りますが、車の速度が速い場合や歩行者が多い場合には、歩行者の頭部がフロントガラスに衝突する場合や、車両のフロントバンパーが突出していない場合、フロントグリルやフロントフェンダーの上部に衝撃痕が残る場合があります。車両の衝突位置と歩行者の損傷の高さや形状は一致している必要があります。(2)バックミラーの高さは、歩行者の損傷部位の高さと一致しており、通常は腰より上です。モデルによってバックミラーの高さが異なり、衝突する歩行者の高さも異なります。(3)車体の布模様は歩行者が着用する衣服の布模様と一致しており、立ち高さが一致していること。

2.腰をかがめる。歩行者が前かがみになると、頭やお尻が突き出て衝撃点となる可能性があります。自動車の衝突点の高さ、歩行者の頭と尻の高さ、衝撃の形状から歩行者が曲がった状態かどうかがわかります。

3.座る姿勢。自動車のフロントバンパーが歩行者の胸より上に衝突した。バンパーの下端には激しい衝突痕やわずかな粉塵の除去跡が残る場合がありますが、車両上部には衝突痕はありません。

4.横になる。バンパーの下端と自動車のシャーシに衝撃痕がありますが、バンパー前部には痕跡はありません。車を持ち上げて観察すると、シャーシに一定の柔らかい擦れ跡や布の線があり、場合によっては接着剤による血痕や飛び散った血痕がある場合があります。一部の突起物は、歩行者の衣服や筋肉組織を引き裂いたり、刺したり、切断したりする損傷を引き起こす可能性があります。歩行者の転倒による死亡事故を発見する際には、法医学者との共同研究に留意する必要がある。傷跡や死因などから、2回以上の衝突事故があったかどうか、睡眠薬や幻覚剤、毒物などを摂取していないかなどを分析し、事件の内容が交通事故であるかどうかを正確に判断します。重要なのは、犯罪殺人の見逃しを防ぐことです。

(3)衝突された歩行者の歩行方向

1.まず、自動車の進行方向を決定します。(1)車両が位置する車線(上り、下りなど)に応じて決定されます。(2)証言により決定される。事件当時の目撃者、事件前の目撃者、事故当事者の証言を確認します。事故当事者の証言は慎重に審査されるべきであり、事故に利害関係のない当事者の証言の方が一般に信頼性が高い。(3)自動車の衝突痕の位置及び方向に応じて定める。(4)道路施設からの反射方向及び道路外の衝突物の衝撃痕跡に応じて判定する。

2.自動車の進行方向を判断し、歩行者の歩行方向を判断します。(1)歩行者の体の前後左右の傷跡の部位を分析した結果。(2)自動車の位置に基づく分析。自動車の位置とは、自動車が衝突した際に残骸があった位置および事故後に自動車が停止した位置をいう。(3)車線内の自動車のブレーキ軌跡に基づいて、車体と人体の衝突点の分析を組み合わせます。(4)必要な歩行者の経路に基づく分析。一般的な状況と特殊な状況があり、正常な人と異常な人がいますが、それらを区別し、より多くの調査を行い、他の情報と組み合わせて総合的に分析および判断する必要があります。(5)歩行者の携行品の影響箇所の分析による。歩行者の物を運ぶ・運ぶ習慣と、事件前の物を運ぶ・運ぶ姿勢分析を組み合わせる。(6)自転車に乗ったり押したりした歩行者の痕跡分析と組み合わせる。自動車が自転車の左側に衝突し、歩行者は自動車の右側から自動車の左側に向かって歩き、それ以外の場合は右側に歩くと分析される。

3.自動車が自転車運転者(押したり、乗ったり)に衝突した痕跡の解析

1.実行する。

(1)左脚外側の傷の高さに基づく分析。カートを左側に置いて歩く人が大多数で、左足の衝撃損傷の高さは、押して乗車するときの高さよりも低く、フロントバンパーの高さとほぼ一致します。自動車がブレーキをかけたとき、バンパーの高さはカートを押す歩行者の高さよりわずかに低くなります。歩行者の踏み込みには高低があり、フロントバンパーの高さとも若干の違いがあり、完全に一致することはありません。

(2)歩行者の右脚の損傷分析による。走行状態では、車体の衝突や突き出しにより右脚の外側に損傷が生じることが多い。ただし、地面との摩擦による損傷とは区別する必要があります。

(3)押し手の右腰部の損傷の分析による。押し手が倒れてサドルなどに衝突して腰を痛める可能性があり、軽い衝撃では傷が目立ちませんが、衝撃が大きくなると反射が顕著になります。

(4)自転車を押しているとき、通常、サドルの頭は左右に回転しません。

(5)押しているとき、自転車が地面に落ちる方向は、自動車の進行方向と概ね同じである。

(6)実装中、人体と自転車の間の距離は一般に比較的短いです。人間の体は、軽い衝撃の際にバイクを押し下げる傾向があります。

2.乗る。

(1)自転車の脚部外側の損傷や衣服の痕跡の地面からの高さが、バンパー衝突点から地面までの高さ(自転車乗車時の高さと一致)に比べて著しく低い。。

(2)サイクリストの左右の脚の内側、特に内腿には自転車との押し出し跡が残りやすい。

(3)自転車のサドルの前端がハンドルを切りやすい。多くの場合、人体が地面に落ちる側を向くが、それが自動車の進行方向でもある。

(4)走行中、自転車のペダルの片側が上側に回って小型自動車と衝突した場合、バンパーに衝撃痕が残りやすく、激しい衝撃を受けると自転車のペダルが変形しやすい。。自転車選手のふくらはぎの怪我は深刻ではなかった。

(5)人が空中に叩きつけられる距離(衝撃点からの距離)は、一般に、自転車に乗っている状態の方が、カートを押している状態よりも長くなる。

(6)自転車と衝突後の人と自転車との距離は、一般に自転車が押し出されたときよりも長くなります。

4.自動車衝突痕跡の解析

(1)追突痕跡の解析

追突事故とは、前の車を追いかけたり追い越そうとした際に、前の車との安全な距離を保たずに、後ろの車が前車の後ろに衝突することを追突といいます。追突事故には、前後の車がともに走行している状態と、前の車が停止し、後ろの車が走行している状態の2つの状態があります。後突事故は前方後方衝突と前方隅後方衝突に分けられます。

1.フロントリアエンド。追突車の衝突痕はフロントバンパーやヘッドライトなどの突起部に集中し、追突車の痕跡はリアバンパーやリアテールランプに集中しています。

2.フロントコーナーがリアを追いかける。追突事故の左前方または右前方が追突車両の後部に衝突し、追突角度が大きいほど前方車両の回転角が大きくなり、追突位置がより大きく逸脱します。走行車線から。追突事故の衝撃部分の痕跡の方向から衝突角度を解析し、追突事故の原因を解析することができます。コーナー追突事故はほとんどの場合、追突車両の右側で発生します。これは、ドライバーの本能が傷害を回避または軽減するために身を守るためです。後続車の制動距離が短くなるほど、後続車、特に後続車の速度は遅くなります。逆に、後続車の速度が速いことを意味します。道路に駐車していた車に追突され、追突車の運転手に重傷を負わせたり死亡させたりした場合、追突車の運転手は、「私はあなたを殴ったのではなく、あなたが私を殴ったのではないか」と考えることがあります。私の自主的な判断で、その結果はあなた自身が負うべきです。」だから、後悔せずに立ち去ってください。この種の事故の特徴は、追突された車が現場にいないこと、追突された車にブレーキ痕がないか、ブレーキ痕が短くて目立たないことです。この種の事故では、現場を通りかかったドライバーの有無や、現場周辺の人々が道路に駐車した車両を目撃したかどうかなど、目撃者の調査に重点が置かれます。

(2)正面衝突痕跡の解析

正面衝突では車体に大きな変形や損傷が生じることが多く、エアバッグ付きのものは開いてしまうこともあります。

1.正面から。衝突痕は主に車の前部に集中しています。基本的に同じ速度、同じ品質を前提とすると、速度が速い側は速度が遅い側よりも凹み跡が薄くなり、質感が硬い側は質感が柔らかい側よりも凹み跡が薄くなります。。同じ質量の場合、衝突点から後退する車両の速度は遅く、前進する車両の速度は速くなります。

2.正面の角が交わる。最も迅速に反応した当事者が右側から対向車に衝突する場合、より多くの事故が発生します(人間の本能的な保護反応)。衝撃の角度と位置は衝撃の方向を反映する可能性がありますが、瞬間的な変数が大きいため、慎重な分析を行う必要があります。衝突後の前後方向と距離から車両の速度を分析できます。車両が後退したり、その場で回転したりすると速度が遅くなります。

(3)側面衝突の痕跡解析

1.横殴り。左側が右側に衝突した場合、または右側が左側に衝突した場合、軽い衝突で反射した痕跡はほとんどが傷であり、激しい衝突ではへこみが発生しますが、痕跡の角度は車両の前方の角度を反映する可能性があります。

(1)高さ。2台の車両の衝突痕は地面よりも高く、車両がブレーキ動作を行った可能性がある(事故時の荷重も考慮)。

(2)スピード。車体に突起物がある車両の場合、破損箇所(痕跡が明るく、場合によっては堆積する場合があります)が突起物よりも前にあり、速い車になります。一般に、より高速な車両はアクティブ車両と呼ばれる能動衝突車両であり、突出装置の後部に衝突による損傷がある車両はより低速の車両です。一般に、低速車両はほとんどが受動的衝突車両であり、受動的車両と呼ばれます。責任という点では、スピードと責任は必ずしも関係ありません。しかし、ことわざにあるように、「事故は10件中9件の方が早い。」一般に、アクティブな車両は主に責任のある車両ですが、パッシブな車両は責任のない車両と同等ではありません。たとえば、他の車線に侵入した後、速度を落とすためにブレーキをかけたときに衝突された車もあった。トレースだけで言えば、遅いパッシブな車ですが、責任という点では、責任ある車でもあります。

(3)方向。2台の車両が並行して走行している場合には事故は起こりません。しかし、一方または両方が方向転換して角度線が交差すると、衝突事故が発生する可能性があります。衝突角度が小さく、角度線の交差距離が長い場合には、発生する痕跡はほとんどが傷であり、角度が大きく、角度線の交差距離が短い場合には、発生する痕跡はほとんどが打痕である。凹面マークは2台の車両の衝突角度を反映することができます。例えば、A車の前部がB車の車室に衝突した場合、車室には後ろから前に向かって凹みがあり、その堆積は車室の前方にあります(衝突停止線が前方にあります)。次に、車Bは遅い車で、ほとんどが直進車で、直進車のほとんどが受動車です。A車は主に方向転換する車であり、アクティブな車です。

(4)場所(レーン)。1両目の前部が2両目の車室に衝突した場合、または2両の前部が衝突した場合には、塗装剥げなどの飛散物が地面に残るため、飛散物の位置は非常に重要です。散乱物体の位置が第1車両の車線内にある場合、第2車両がアクティブ車両となり、散乱物の位置が第2車両の車線内にある場合、第1車両がアクティブ車両となる。

2.逆側衝撃痕跡解析。左前隅で左ボックスを打つこと、または右前隅で右ボックスを打つことはリバースサイドインパクトです。A車の左前隅がB車の車室に衝突し、車室の衝突端に堆積物が残るこの場合、主にA車が主体となります。ただし、車Aの車線で車線変更するときに車Bが車Aに衝突された場合、車Bがアクティブな車になります。したがって、事故の責任を判断するには、衝突点が位置する車線、衝突角度、ブレーキ痕などを総合的に分析する必要がある。

(4)車両多重衝突痕跡の解析

1.複数の車両が衝突する交通事故は、重大な結果を招くことが多く、複雑な痕跡を慎重に把握する必要があります。(1)まず、二度打撃されていない元の痕跡を特定し、高さを測定し、形状を確認し、痕跡を比較し、衝撃の対応する点を見つけるために分析します。(2)さまざまなボディペイント剥離の位置に応じて衝撃点を分析します。(3)車体の変形痕跡から衝撃の順序過程を決定する。(4)血痕(DNA)の分布に基づいて、被害者の位置を分析します。(5)地面のブレーキ痕による、残骸と降下物を調査し、最初の衝突の場所を分析します。

2.多重車両事故にもそれぞれの特徴があります。

(1)多数の車両が次々と衝突し、目撃者はその後の衝突現場をよく目撃している。

(2)複数車両衝突事故では、運転者と乗員は別の部隊の人間であることが多く、お互いに面識がないことが多いため、共謀や自白が困難であるため、当事者の供述の方が信憑性が高い場合が多い。つまり、交通事故における車両痕跡の解析は、事故の起点を特定し、事故の内容を正確に判断するための鍵となります。初期段階の現場の警護や捜査をしっかり行うこと、事故現場のあらゆる証拠を客観的かつ総合的に収集すること、一方的な証拠収集や重要な証拠の漏れがないことが求められます。痕跡証拠は法的手続きに厳密に従って収集されるべきであり、関連法規および作業仕様の要件に基づいて、科学的手段と方法を使用し、先進技術を採用して科学的かつ効率的に痕跡証拠を抽出および利用する必要があります。痕跡とその他の証拠の関連性に注意する痕跡は、事件の事実の一部または詳細を証明するものにすぎないが、証拠効果を十分に発揮するには、口頭証拠などの他の証拠と連続して接続する必要がある。さまざまな証拠を相互に裏付け、完全な証拠の連鎖を形成します。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/192.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。