面接での源泉徴収票の取り扱いについて教えてください。

 2024-07-09    17  

面接では、源泉徴収票が求められることがあります。源泉徴収票には、給与所得や税金の支払い状況が記載されています。企業側はこの情報をもとに、履歴書や面接での回答内容と照らし合わせ、応募者の給与水準や税金の納付状況を確認しています。

源泉徴収票の提出義務について

源泉徴収票の提出義務は、次の2つの場合に発生します。

面接での源泉徴収票の取り扱いについて教えてください。

  1. 給与収入が200万円を超える場合
  2. 年末調整を受けていない場合

面接での源泉徴収票の取り扱い

面接時に源泉徴収票を求められた場合は、以下の点に注意してください。

  1. 提出する必要はありません。源泉徴収票は課税情報を含む機密情報です。面接時に提出する必要はありません。
  2. 必要に応じて開示してください。企業側が源泉徴収票の開示を求めてきた場合は、求めに応じて提示しましょう。ただし、拒否する権利もあります。
  3. コピーを準備しておきましょう。面接時に源泉徴収票のコピーを持参しておくと、提示を求められた際にすぐに対応できます。

面接で源泉徴収票を求められた場合の対応

面接で源泉徴収票を求められた場合は、次の手順で対応してください。

  1. 提出義務を確認する。源泉徴収票の提出義務があるかどうかを確認します。
  2. 開示に同意する。源泉徴収票の開示に同意する場合は、提示します。
  3. 拒否する。源泉徴収票の開示を拒否する場合は、その旨を明確に伝えましょう。

源泉徴収票は機密情報です。面接時に提出する必要はありませんが、必要に応じて開示を求められる場合があります。求められた場合は、提出義務や開示の同意の有無を確認した上で、適切に対応しましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/2172.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。