後遺障害9級の評価基準は?

 2024-04-23    19  

後遺障害9級の評価基準は?

後遺障害9級とは、自賠責保険における後遺障害等級の1つで、労働能力が60~70%低下した状態を指します。この評価基準は、以下のとおりです。

身体の機能障害

?脊椎の可動域が制限されている(全可動域の1/2以下) ?両下肢の有効運動範囲が制限されている ?両手の握力が大幅に低下している(男性:20kg以下、女性:15kg以下) ?片手で物を持ち上げる能力が大幅に低下している(男性:10kg以下、女性:7.5kg以下) ?立位や歩行に支障がある

後遺障害9級の評価基準は?

精神の機能障害

?不安障害や抑うつ障害など、精神的な障害が著しい ?記憶力や注意力に著しい障害が見られる ?社会生活や対人関係に著しい支障がある

認定の手順

後遺障害9級の認定を受けるには、以下の手順を踏む必要があります。

?自賠責保険会社に後遺障害認定申請書を提出する ?医師による後遺障害診断書を作成してもらう ?自賠責保険会社が診断書を審査し、認定の可否を決定する

認定が下りると、後遺障害等級に応じて保険金が支払われます。後遺障害9級の場合、保険金は1,800万円です。

注意点

後遺障害の認定基準は、あくまでも目安です。実際の認定結果は、医師の判断や自賠責保険会社の審査によって左右される場合があります。また、後遺障害の症状は時間とともに変化することがあるので、定期的に医師の診察を受けることが重要です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/341.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。