交通事故での過失割合が納得できない場合、どうすればいいですか?

 2024-04-26    21  

交通事故に遭い、相手方と過失割合について揉めている場合、納得できない場合はどうすればよいでしょうか。

過失割合とは

過失割合とは、交通事故における双方の責任の割合を表すものです。過失割合は、事故の状況、各当事者の過失の程度、加害者と被害者の態様などを総合的に考慮して決定されます。

交通事故での過失割合が納得できない場合、どうすればいいですか?

過失割合に納得できない場合

過失割合に納得できない場合は、以下のような方法があります。

1. 保険会社に相談する

まずは、自身の加入する保険会社に相談してみましょう。保険会社は、事故の状況や過失割合について調査?分析を行い、相談者にアドバイスやサポートを提供してくれます。

2.弁護士に相談する

保険会社との話し合いで解決しない場合は、弁護士に相談することを検討しましょう。弁護士は、交通事故に関する法律や過失割合の専門知識を持っています。証拠の収集や交渉などのサポートを受けることができます。

3. 裁判所に調停を申し立てる

弁護士との話し合いで解決できない場合は、裁判所に調停を申し立てることができます。調停は、裁判所が間に入って当事者間の合意を図る手続きです。合意が成立すれば、裁判所が調停調書を作成し、これが執行力のある公文書となります。

過失割合の重要性

過失割合は、交通事故による損害賠償額に大きな影響を与えます。過失割合が高いほど、賠償額が低くなります。そのため、納得できない過失割合の場合には、適切な対応を取る必要があります。

具体的な対応方法

具体的な対応方法は、事故の状況や過失割合によって異なります。以下は、一般的な対応方法です。

  • 客観的な証拠の収集(事故現場の写真、目撃者の証言など)
  • 関係機関や専門家への相談(警察、保険会社、医師など)
  • 過失割合に関する法令や判例の調査
  • 过失割合に対する異议申立ては、適切な証拠と根拠に基づいて行う必要があります。納得できない場合は、専門家のサポートを受けることをお勧めします。

    •  ラベル:  

    元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/414.html

    =========================================

    https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。