示談書、英語で書かなきゃいけない?

 2024-05-06    19  

交通事故に遭って加害者と示談をする際、示談書の内容が英語で書かれていることがあります。英語が苦手な方にとっては、示談書の内容を理解することが難しいでしょう。

示談書を英語で作成する理由

示談書を英語で作成する理由は主に以下の2つです。

示談書、英語で書かなきゃいけない?

  1. 加害者が外国人の場合
  2. 示談後に海外で居住する可能性がある場合

加害者が外国人の場合

加害者が外国人の場合、日本語での示談書を作成しても加害者が内容を理解できない可能性があります。そのため、加害者が理解できる言語で示談書を作成する必要があります。

示談後に海外で居住する可能性がある場合

示談後に海外で居住する可能性がある場合、日本語で作成された示談書は海外では通用しません。そのため、海外でも通用する英語で示談書を作成しておく必要があります。

英語の示談書の内容を理解する方法

英語の示談書の内容を理解するには、以下の方法があります。

  1. 辞書を使う
  2. オンライン翻訳サービスを利用する
  3. 英語に堪能な人に相談する

辞書を使う

辞書があれば、 незнакомые словаを調べて意味を理解することができます。ただし、法律用語など専門的な用語は、辞書に載っていない場合もあります。

オンライン翻訳サービスを利用する

Google翻訳などのオンライン翻訳サービスを利用すれば、示談書の内容を日本語に翻訳することができます。ただし、翻訳の精度は完璧ではないので、重要な内容に関しては、専門家に確認することをお勧めします。

英語に堪能な人に相談する

英語に堪能な人に示談書の内容を相談すれば、正確な理解を得ることができます。ただし、相談料が発生する場合もあります。

まとめ

交通事故の示談書が英語で書かれている場合、辞書やオンライン翻訳サービスを利用したり、英語に堪能な人に相談したりして、内容を理解することが重要です。示談書の内容を正確に理解することで、自分の権利を守ることにつながります。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/658.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。