事故が起きた場合、何をすればよいですか?

 2024-05-13    40  

交通事故が発生した場合は、まずは落ち着いて状況を確認しましょう。けが人がいる場合は、救急車を呼ぶことが最優先です。

警察への連絡

けが人がいない軽微な事故であっても、必ず警察へ連絡しましょう。警察が事故状況を記録し、事故証明書を発行してくれます。この事故証明書は、保険金の請求や過失割合の認定に必要です。

事故が起きた場合、何をすればよいですか?

相手方との情報交換

警察へ連絡した後は、相手方と下記の情報交換を行いましょう。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. 車のナンバー
  5. 保険会社の名称と連絡先

証拠の確保

事故の状況や相手方の車両を写真や動画で記録しておきましょう。目撃者がいれば、連絡先を聞いておきましょう。これらの証拠は、過失割合の認定に役立ちます。

保険会社への連絡

事故後は、必ず保険会社へ連絡しましょう。保険会社は事故の調査を行い、保険金の支払い手続きを行います。

病院での受診

事故直後はけががなくても、後から症状が出る場合があります。事故後数日経っても痛みや不調が続く場合は、病院を受診しましょう。

弁護士の相談を検討する

過失割合や保険金の金額に納得できない場合、交通事故に詳しい弁護士に相談することを検討しましょう。弁護士は、相手方との交渉や裁判手続きをサポートしてくれます。

交通事故は誰にでも起こる可能性があります。事故が起きたときは、慌てずに適切な対処を心がけましょう。そうすることで、後々のトラブルを回避できます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/834.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。