事故で車を壊してしまった場合、買い替えることはできますか?

 2024-05-15    15  

交通事故で車を壊してしまった場合、修理不能で買い替える必要があることがあります。ここでは、交通事故で車を買い替えることができる場合と手続きについて説明します。

買い替えが可能となる場合

車が事故で全損と認められた場合、買い替えることができます。全損とは、修理費が車の時価を超えた場合や、修理不能な状態のことを指します。また、修理費が時価に近い場合や、修理後も走行不能または安全性が著しく低下する場合は、買い替えが認められる場合があります。

事故で車を壊してしまった場合、買い替えることはできますか?

手続き

車を買い替える場合は、以下の手続きが必要です。

  1. 保険会社への連絡:事故発生後、すぐに保険会社に連絡して事故の状況を報告します。
  2. 修理工場の選定:保険会社から指定された修理工場で車の修理見積もりを取ります。
  3. 修理見積もり書の確認:保険会社は修理見積もり書を確認し、全損と判断するかどうかの判断を下します。
  4. 全損認定:車が全損と判断された場合、保険会社から全損認定書が発行されます。
  5. 買い替え:全損認定書と修理見積もり書を元に、新しい車を購入します。購入費用は保険金で賄われます。

注意点

車を買い替える際には、以下の点に注意が必要です。

  • 過失割合:事故の過失割合によって、保険金が減額される場合があります。
  • 時価:買い替えに使える保険金は、事故当時の車の時価に基づいています。
  • 免責金額:保険契約によっては、免責金額が適用される場合があります。

車を買い替える手続きは複雑な場合もあります。事故に遭った場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/884.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。