後遺障害が非該当だった場合、示談金の支払いはどのようになりますか?

 2024-05-26    38  

交通事故により後遺障害が認定されなかった場合、示談金の支払いはどのように決まるのでしょうか?後遺障害とは、交通事故による怪我によって残った身体的?精神的な障害のことを指し、症状の程度によって等級が1~14級に分けられています。

後遺障害が非該当の場合

後遺障害が非該当と判断された場合、被害者は自賠責保険から以下のような補償を受けることができます。

後遺障害が非該当だった場合、示談金の支払いはどのようになりますか?

  • 治療費:事故による怪我の治療にかかった費用
  • 休業損害:事故により仕事ができなくなった場合の収入
  • 慰謝料:事故による精神的?肉体的苦痛に対する慰謝料

示談金の支払額

後遺障害が非該当の場合の示談金の支払額は、以下のような要素を考慮して決定されます。

  • 事故の過失割合
  • 被害者の年齢
  • 怪我の程度
  • 治療期間
  • 休業期間

また、被害者の後遺症や将来の収入への影響も考慮されます。後遺症が軽い場合や、将来の収入への影響が小さい場合は、示談金の支払額も少なくなると考えられます。

提示された示談金に納得できない場合

示談金提示額に納得できない場合は、以下の方法があります。

  • 弁護士に相談する:弁護士は示談交渉の支援や、正当な示談金の請求額についてアドバイスをしてくれます。
  • 裁判所に調停を申し立てる:裁判所での調停は、被害者と保険会社の間で公平な示談金を決定するのに役立ちます。

後遺障害が非該当の場合でも、被害者は適切な補償を受ける権利があります。示談金の提示額に納得できない場合は、一人で悩まずに専門家に相談しましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1127.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。