交通事故で病院にかかった費用は誰が支払うの?

 2024-05-30    31  

交通事故に遭ってしまった際、病院にかかった費用は誰が支払うの? 交通事故の被害者は、被害の程度によっては高額な医療費を支払うことになります。では、これらの費用は誰が支払うことになるのでしょうか?

交通事故で病院にかかった費用は、原則として加害者が支払うことになります。加害者には、自賠責保険が適用されているので、自賠責保険から支払われます。自賠責保険とは、自動車を保有しているすべての人が加入している強制保険で、交通事故による被害者に補償を行うためのものです。

交通事故で病院にかかった費用は誰が支払うの?

自賠責保険の補償範囲

自賠責保険で補償される範囲は、次のとおりです。

  • 入院?通院費
  • 治療費
  • 薬剤費
  • リハビリテーション費

ただし、自賠責保険で補償される金額には限度額があります。入院?通院費は1日あたり1万4000円、治療費は1日あたり3500円が限度額です。これらの限度額を超える部分については、加害者の任意保険や被害者の健康保険等で補填する必要があります。

任意保険の補償範囲

加害者が任意保険に加入している場合、その任意保険からも補償を受けることができます。任意保険の補償範囲は、契約内容によって異なりますが、次のものが補償されることが多いです。

  • 自賠責保険の限度額を超える入院?通院費、治療費など
  • 休業損害
  • 慰謝料
  • 逸失利益

交通事故で病院にかかった費用は、原則として加害者が支払うことになりますが、自賠責保険の限度額や任意保険の契約内容によっては、被害者自身が負担しなければならない部分が生じる可能性があります。交通事故に遭ってしまった場合は、早めに弁護士に相談して、適切な補償を受けるようにしましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1224.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。