示談を成立させるにはどうすればいいですか?

 2024-06-01    38  

示談とは、紛争当事者間で和解する合意のことです。交通事故においては、被害者と加害者の間で行われます。示談が成立すると、民事上の賠償責任が確定し、被害者は加害者に対して訴訟を起こすことができなくなります。

示談を成立させるには、以下の手順を踏みます。

示談を成立させるにはどうすればいいですか?

1. 交渉の場を設定する

示談は、被害者と加害者、または代理人が直接交渉して行われます。弁護士が代理人となる場合もあります。交渉の場は、当事者間の都合の良い場所で行われます。

2. 損害の算定

示談交渉の前に、損害の算定を行います。損害には、治療費、休業損害、慰謝料などがあります。損害の額は、被害者の年齢、性別、職業、事故の程度などによって異なります。

3. 賠償額の提示

損害が算定されると、加害者側は被害者側に賠償額を提示します。賠償額は、損害の額と過失割合を考慮して決定されます。

4. 交渉

被害者側は提示された賠償額に対して、交渉を行います。交渉では、損害の額や過失割合、今後の治療費などについて話し合われます。交渉がまとまれば、示談書を作成します。

5. 示談書の締結

示談書には、賠償額、過失割合、その他の条件が記載されます。示談書は、当事者双方と弁護士(いる場合)が署名?押印します。示談書が締結されると、示談が成立します。

示談を成立させることは、交通事故被害者にとって重要なことです。示談が成立すれば、民事上の賠償責任が確定し、被害者は安心して治療に専念することができます。また、示談によって、被害者と加害者の間の関係が修復されることも期待できます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1291.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。