交通事故補償手続き(自動車損害賠償保障法)

 2023-11-20    130  

交通事故の賠償手続きは状況に応じて異なりますが、日本で一般的な交通事故の賠償手続きは次のとおりです。

image.png

関係者は交通警察に事故を通報した。

交通警察が現場に到着し、検問と捜査を行った。 彼らは証拠を収集し、目撃者にインタビューし、車両と物品を検査して、事故の基本的な状況と原因を特定します。

自動車と非自動車や歩行者との衝突など、事故に複数の当事者が関与する場合には、協議や交渉のためにすべての当事者の代表者を招集する必要がある場合があります。 この場合、当事者は事故の内容、原因、責任などを記載した事故報告書を提出する必要があります。

交渉で問題を解決できない場合、または事故により重大な死傷者や物的損害が発生した場合は、通常、地方自治体または裁判所が介入します。 これらの機関は事故を評価および裁定し、特に各当事者の責任と賠償額などを決定します。

場合によっては、当事者が責任の決定に不服がある場合、上訴または仲裁を申請することができます。 控訴手続き中に、法律専門家が事故を再評価し、判決を下すことになる。

当事者が補償を受け取る必要がある場合は、保険会社に請求を行う必要があります。 保険会社は保険金請求を検討し、保険契約の規定に従って賠償金をお支払いします。

保険会社が請求を拒否した場合、当事者は法的手段を通じて紛争を解決するための法的支援を求めることができます。 この場合、弁護士は事件を評価し、関連する法的事項を処理します。

つまり、交通事故の賠償手続きは複雑な手続きであり、適切に処理するには専門的な法律知識と経験が必要です。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/214.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。