追突事故の示談はどうやって行いますか?

 2024-06-12    20  

交通事故に遭ってしまった場合、後遺症が残らなかったり、軽傷を負った程度の被害であれば、示談交渉を行うことで解決します。示談交渉は、加害者側またはその保険会社と被害者側との間で行われます。ここでは、追突事故の示談の手順について解説します。

1. 警察への届け出と任意保険会社の連絡

事故が発生したら、まずは警察に届け出を行いましょう。その後、任意保険会社に連絡し、事故の詳細を伝えます。保険会社からは担当者が割り当てられ、示談交渉のサポートを受けられます。

追突事故の示談はどうやって行いますか?

2. 損害の算定

次に、事故による損害を算定します。損害には、治療費、休業損害、慰謝料などが含まれます。各損害項目の算定方法は、自賠責基準や裁判例に基づいて決まります。任意保険会社が損害の算定を代行する場合もあります。

3. 示談交渉

損害が算定できたら、加害者側またはその保険会社と示談交渉に入ります。交渉では、双方で損害賠償額について話し合い、合意に至ります。示談書を作成し、加害者側の署名捺印を得ます。

4. 示談金の受け取り

示談書が成立したら、保険会社から示談金が支払われます。示談金は、損害賠償額を振り込まれた口座に振り込まれます。示談金を受け取ったら、示談書のコピーを保管しておきましょう。

注意事項

追突事故の示談交渉では、以下のような点に注意が必要です。

  • 過失割合を適正に主張する。
  • 後遺症の可能性を考慮して示談金を算定する。
  • 示談書に記載された内容をしっかりと確認する。
  • 示談成立後も、後遺症が出た場合は追加で損害賠償請求できる場合がある。

示談交渉に不安がある場合は、弁護士に相談することを検討してください。弁護士は、適正な損害賠償額の算定や示談書のチェックを行うなど、示談交渉をサポートしてくれます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1557.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。