交通事故の事例を教えてください

 2024-06-23    23  

交通事故は日常的に発生しています。事故の状況や当事者の過失割合によっては、加害者と被害者の間で過失相殺が生じ、賠償金額が減額される場合があります。

过失相杀的案例

以下に、過失相殺が認められた交通事故の事例を紹介します。

交通事故の事例を教えてください

1. 信号無視で交差点に進入した被害者と、過速度で走行していた加害者
被害者は信号無視で交差点に進入した過失が認められ、賠償金額が20%減額されました。

2. 夜間、無灯火で自転車を運転していた被害者と、一時停止無視で衝突した加害者
被害者の無灯火運転は過失と認められ、賠償金額が30%減額されました。

3. 横断歩道を渡っていた歩行者と、速度超過で走行していた加害者
加害者の速度超過は重過失と認められましたが、歩行者の横断歩道の確認不足も過失と認められ、賠償金額が10%減額されました。

过失相杀的判定因素

過失相殺の判定には、以下の要素が考慮されます。

  • 当事者の過失の程度
  • 事故の発生状況
  • 当事者の年齢や経験
  • 交通法規の違反の有無
  • 律师的建议

    交通事故に遭った場合は、過失相殺の可能性を考慮することが重要です。過失相殺の有無によって、賠償金額に大きな影響が出ることがあります。そのため、事故後は弁護士に相談して、過失相殺の可能性を検討することが望ましいです。弁護士は事故の状況を調査し、過失相殺の有無を判断し、適切なアドバイスを提供してくれます。

    •  ラベル:  

    元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1770.html

    =========================================

    https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。