事故の証明書を警察に呼んでいない場合の対処法や影響について教えてください。

 2024-06-23    18  

交通事故に遭ったときに、警察を呼ばずに済ませてしまった場合、後々トラブルになる可能性があります。実際、警察を呼ばずに済ませてしまったことで、被害者が不利な立場に立たされてしまうケースも少なくありません。

損害賠償請求が困難になる

交通事故が発生した場合、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができます。しかし、警察を呼ばずに済ませてしまった場合、事故の状況や加害者の過失を証明することが難しくなります。そのため、損害賠償請求が認められず、被害者が損害を被ってしまう可能性があります。

事故の証明書を警察に呼んでいない場合の対処法や影響について教えてください。

保険金の支払いが遅れる

交通事故に遭った場合、被害者は保険会社から保険金を受け取ることができます。しかし、警察を呼ばずに済ませてしまった場合、保険会社は事故の状況を確認するために調査を行い、その結果、保険金の支払いが遅れてしまうことがあります。

刑事責任を問われる可能性がある

交通事故が軽微なものであっても、警察を呼ばずに済ませてしまった場合、道路交通法違反として刑事責任を問われる可能性があります。刑事責任を問われると、罰金や懲役刑などの刑罰を受ける可能性があります。

では、警察を呼ばずに済ませてしまった場合、どうすればよいでしょうか?

警察を呼ばずに済ませてしまった場合は、次のことを行うようにしましょう。

  • 事故現場の写真を撮る
  • 目撃者の連絡先を控える
  • 加害者の免許証情報を控える
  • 保険会社に連絡する

これらの情報を収集することで、事故の状況や加害者の過失を証明しやすくなります。また、保険会社に連絡することで、保険金の支払いの手続きを進めることができます。

交通事故に遭った場合は、必ず警察を呼ぶようにしましょう。警察を呼ばずに済ませてしまうと、後々トラブルになる可能性があります。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1780.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。