示談が成立する条件は何ですか?

 2024-06-25    18  

交通事故が発生した場合、示談による解決を選択する方は少なくありません。

しかし、示談が成立するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

示談が成立する条件は何ですか?

1. 事故の責任を明確にする

示談が成立するには、事故の責任が明確になっている必要があります。過失割合の認定がなければ、示談交渉は進展しません。

2. 当事者間の合意

事故の責任が明確になった後、当事者間で和解内容に合意する必要があります。示談金や治療費の負担割合、後遺症の認定など、さまざまな項目について話し合うことになります。

3. 書面による合意

当事者間で合意が得られたら、書面で示談書を作成します。示談書には、事故の経緯や和解内容、支払方法などの事項が記載されます。示談書に署名?捺印することで、合意が正式に成立します。

4. 保険会社の承認

事故の当事者の一方または双方が保険に加入していた場合、示談書を作成する前に保険会社の承認を得る必要があります。保険会社の承認がないと、示談金が支払われない可能性があります。

以上が、示談が成立するための条件です。示談交渉は複雑な場合もあり、専門家である交通事故弁護士に相談することをおすすめします。交通事故弁護士は、事故の責任の認定や示談金の交渉、示談書の起草など、示談に関するさまざまな手続きをサポートしてくれます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1822.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。