車事故示談交渉

 2023-09-04    135  

車事故示談交渉

1. 法廷での釈明。

まず、少数の弁護士グループまたは二国間認定チームの尊敬されるメンバーが、さらなる評価のために関連事項を明確にし、事故に対する警察の責任証明の効果を確認する結論に達します。 両当事者が本利用規約に同意する場合、同意しない場合は直ちに契約が解決され、両当事者が同意した後、直ちに本利用規約が実行されます。

2. コメント。

一般に、被害者とその代理人が当事者の陳述をし、次に加害者とその代理人が続きます。 逆に、相手が「落ち着いてください」と言ったときは、結果が同じなら対応する反応を記録し、自己申告するときは、途中で中断しても続けてください。声明に応じて、所有者または弁護士は一時停止に応じます。

3. 品質保証。

事故の当事者双方の主張が基本的に一致していることを確認したら、次のステップとして対応する請求を提出し、順次手続きを進めていきます。

4. 各種損失コストの計算。

上記の検討と尋問の段階を経て、被害者が負担したさまざまな費用は基本的に明らかになり、この時点で弁護士または関連専門家が追加費用を計算することができます。

5. 利益調整。

この段階は理解の鍵であり、成功の理由を最終的に解決するために、両当事者は相互交渉と相互妥協のプロセスを経て、上記の検証プロセス、見積、紛争は完了していますが、わずかなエラーがある場合、計算が違法となり、大口顧客等による当事者負担等の精神的損害額の計算等、対価、双方の同意等を求めることになります。

6. 合意および解決合意の作成。

人身傷害の補償額などの重要事項について両当事者が合意に達した後、弁護士または関連する法務従事者は、関連する法的合意の基礎を築き、正式な文書を作成し、両当事者またはその代理人が文書を作成することができます。

7. 協定の履行を調整する。

契約の履行期限と契約の方法は明確でなければならず、両当事者は契約を遵守しなければなりません。


  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/183.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。