交通加害者は逃亡、自分たちの権利をどう守るか

 2023-09-07    123  

交通事故が発生し、誰かが負傷した場合、逃走は違法であり、重大な法的結果が生じます。この場合、被害者は次の方法で権利を主張できます。

まず、事故が公共の場所で起こった場合、または誰かが目撃した場合は、その人たちに助けを求め、名前、連絡先、目撃者の証言などの関連情報の提供を求めることができます。緊急の医療援助が必要な場合は、119番に電話して緊急援助を受けることができます。

第二に、事故によって重傷者や死亡者が発生した場合、家族は地元の警察署に事件を報告することができ、警察は捜査を行います。加害者が見つかった場合、被害者は弁護士を通じて加害者に損害賠償を求める訴訟を起こすことができます。

交通加害者は逃亡、自分たちの権利をどう守るか

権利保護の過程で、被害者は専門の弁護士の助けを求める必要があります。弁護士は事件を調査、分析し、被害者が法廷で訴訟を起こすのを手助けします。訴訟手続きでは、弁護士が被害者の代理人となり、加害者や保険会社と交渉し、賠償額などの交渉を行います。

なお、交通事故の賠償額は怪我の程度や損害の程度に応じて決まります。補償額には、治療費、休業補償、障害補償、精神的損害などが含まれます。被害者に長期の治療や障害が必要な場合、賠償額はさらに高額になります。

また、被害者が賠償責任保険に加入していない場合や、加害者が賠償責任保険に加入していない場合には、被害者は民事賠償法によって賠償を受けることができます。同法では、加害者が無保険だったり逃走したりしても、被害者は賠償を求める訴訟を起こすことができる。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/194.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。