事故での車両全損の基準は?

 2024-04-21    24  

## 事故での車両全損の基準は?

交通事故に遭うと、車両が全損してしまうこともあります。全損とは、修理費が車両の時価額を超える場合を指します。この基準は、保険金の支払いにも影響します。

では、車両全損の基準はどのように定められているのでしょうか?

事故での車両全損の基準は?

## 保険会社による基準

車両全損の基準は、保険会社によって異なります。一般的な基準として、次のものが挙げられます。

  • 修理費が時価額の70~80%を超える場合
  • フレームや主要構造部に重大な損傷がある場合
  • 修理不可能と判断される場合
## 自賠責保険による基準

自賠責保険の場合、車両全損の基準はより厳しくなります。次のいずれかに該当する場合、全損とみなされます。

  • 修理費が時価額の100%を超える場合
  • 修理不可能と判断される場合
## 車両全損となった場合の注意点

車両が全損となった場合、次の点に注意しましょう。

  • 保険会社に連絡する
  • 警察に事故証明をもらう
  • 修理工場の見積もりを取る
  • 保険金の請求をする
## まとめ

車両全損の基準は、保険会社や自賠責保険によって異なります。全損となった場合は、速やかに保険会社に連絡し、必要な手続きを踏むことが重要です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/307.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。