交通事故での全損の判断基準は?

 2024-04-23    23  

交通事故での全損の判断基準は?

交通事故に遭うと、愛車が全損になるケースも少なくありません。そんなとき、気になるのは修理費のこと。修理費が高額になりすぎて、全損とみなされるケースもあります。ここでは、交通事故での全損の判断基準について解説します。

修理費基準

全損の判断基準として、もっとも一般的なのが修理費基準です。修理費が時価(事故前の車の価値)の一定割合を超えた場合に、全損とみなされます。この割合は保険会社によって異なりますが、一般的には70%~80%程度となっています。

交通事故での全損の判断基準は?

時価基準

修理費基準以外にも、時価基準というものがあります。これは、事故前の車の価値が一定額を下回った場合に全損とみなされるものです。時価の基準は保険会社によって異なりますが、一般的には50万円~100万円程度となっています。

その他

修理費基準と時価基準以外にも、以下のような基準を設けている保険会社もあります。

  • フレーム損傷基準:車のフレームが損傷し、修復不能な場合
  • 走行不能基準:車を自走できなくなった場合
  • 廃車基準:車が修復不可能な状態で、廃車せざるを得ない場合

全損になったら

車が全損となった場合は、保険会社に連絡し、手続きを行います。保険会社は車の状態を確認し、全損かどうかを判断します。全損が認められれば、時価から免責金額を差し引いた金額が支払われます。

交通事故での全損の判断基準は、保険会社によって多少異なります。自分の加入している保険の基準を確認しておくことが大切です。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/347.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。