非接触事故とは何ですか?

 2024-04-25    25  

交通事故は、運転者がお互いの車両に接触するとは限りません。接触しない場合でも被害が発生することがあり、こうした事故は「非接触事故」と呼ばれています。

非接触事故とは?

非接触事故とは、運転者が直接的な接触なく相手の車両または歩行者に被害を与える事故のことです。以下のようなケースが該当します。

非接触事故とは何ですか?

  • 前方の車両が急ブレーキをかけ、後続車が追突を避けるために急ハンドルを切ってガードレールに衝突した場合
  • 歩行者が突然飛び出してきて、運転者が避けようとして壁に衝突した場合
  • 車両が落石や倒木などの障害物に衝突した場合
  • 非接触事故の法的責任

    非接触事故でも、運転者に法的責任が発生する場合があります。例えば、前方の車両の急ブレーキが不当に危険な速度や注意不足によるものだった場合、後続車の運転者は過失があると判断される可能性があります。同様に、歩行者が突然飛び出してくるのが予測できたにもかかわらず避けられなかった場合、運転者の注意義務違反が問われる可能性があります。

    非接触事故への対応

    非接触事故に遭った場合は、次の手順に従うことが重要です。

  • 安全を確保し、負傷者がいる場合は救急車を要請する
  • 警察に事故の通報を行う
  • 相手の車両のナンバープレート、運転者情報、保険会社情報を記録する
  • 目撃者がいれば、その連絡先を控える
  • 弁護士への相談が推奨される場合

    非接触事故に遭った場合、次の場合は弁護士に相談することを検討してください。

  • 怪我や物的損害が大きい場合
  • 加害者との過失割合が争われている場合
  • 保険会社との交渉がうまくいかない場合
  • 弁護士は法的権利を保護し、適切な補償を得るために必要な支援を提供できます。

    •  ラベル:  

    元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/388.html

    =========================================

    https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。