経済的に全損で泣き寝入りにならない方法は?

 2024-04-28    29  

交通事故で車両が全損という事態は、ドライバーにとって大きなショックとなります。修理の見積もり額が高額すぎて、修理費を捻出できない場合は、経済的に全損扱いで泣く泣く諦めてしまう方も少なくありません。

全損でも諦めないで!

しかし、全損であっても諦める必要はありません。保険を活用することや、示談交渉を行うことで、車両の価値に見合った補償を受けることができます。ここでは、全損時の泣き寝入りを回避するための方法について解説します。

経済的に全損で泣き寝入りにならない方法は?

保険を活用する

全損事故の場合、車両保険に加入していれば、保険金を請求することができます。保険金の額は、車両のの時価によって決まりますが、全損の場合は時価相当の金額が支払われます。保険料を支払っていたことが報われる瞬間です。

示談交渉を行う

相手方との示談交渉でも、車両の弁済を受けることができます。交渉のポイントは、事故の過失割合と、車両の時価を明確にすることです。過失割合は、警察の事故証明書や、目撃証言などで判断します。車両の時価は、新車の場合はカタログに記載されている価格が参考になります。中古車の場合は、査定額を提示しましょう。

具体的な手順

全損事故時の具体的な手順は以下の通りです。

1.

警察へ事故届けを提出する

2.

保険会社に保険金を請求する

3.

相手方と示談交渉を行う

4.

保険金または示談金の受給

泣き寝入りを防ぐためのポイント

全損事故で泣き寝入りを防ぐためには、以下のポイントを押さえましょう。

必ず車両保険に加入しておく

事故の過失割合を明確にする

車両の時価を証明する

示談交渉では妥協せず、適正な金額を要求する

まとめ

全損事故は辛い出来事ですが、保険や示談交渉を適切に行うことで、泣き寝入りを防ぐことが可能です。諦めずに、正当な補償を受けましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/455.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。