会社の車をぶつけてしまった場合、修理代はどうなりますか?

 2024-05-11    20  

日本において、会社の車を運転中に事故を起こした場合、修理費の負担を巡って問題が生じる可能性があります。この場合、修理費は誰が負担するのでしょうか。

会社の指示によるもの

事故が会社の指示によるものであった場合、修理費は原則として会社が負担します。例えば、会社の業務として車を運転している場合や、会社の指示で特定の場所へ車を運搬している場合などがこれに当たります。

会社の車をぶつけてしまった場合、修理代はどうなりますか?

私用での使用

一方、事故が私用での使用によるものであった場合、修理費は原則として運転者が負担します。例えば、通勤途中や個人的な外出時に事故を起こした場合などがこれに当たります。ただし、会社が私用での車の使用を黙認していたり、運転者の過失が軽微であったりする場合には、会社が一部または全額の修理費を負担する場合があります。

過失の割合

事故が運転者の過失だけでなく、相手の過失も認められる場合は、過失割合に応じて修理費を負担します。例えば、運転者の過失が7割、相手の過失が3割の場合には、運転者は修理費の7割を、相手は3割を負担することになります。

保険の適用

会社が自動車保険に加入している場合は、保険の適用を受けることで修理費の負担を軽減できる場合があります。保険の種類や契約内容によって適用範囲は異なりますが、車両保険に加入していれば車両の修理費を補償できる可能性があります。契約内容を確認の上、必要な手続きを行うことが重要です。

会社の対応

事故を起こした場合、運転者は速やかに会社に報告しなければなりません。会社は事故の状況を調査し、修理費の負担について判断します。会社が修理費の負担を拒否した場合や、負担割合に納得できない場合は、弁護士に相談することも検討してください。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/770.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。