交通事故で弁護士に依頼するメリット

 2023-07-18    159  

弁護士に依頼するとメリットがたくさんあると漠然と感じているのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?以下に弁護士に相談するメリットの一例をご紹介します。

image.png

メリット1|示談交渉のプレッシャーを軽減できる

気の強い保険会社との示談交渉は多大な労力を要します。

弁護士を雇うことで、これらすべての問題を自分の手で解決し、和解交渉のストレスを軽減することができます。

保険会社は交渉のプロですが、弁護士も交渉のプロ、法律の専門家です。

また、客観的な証拠に基づいた主張や交渉に長けていたため、裁判に進めずに示談交渉を打ち切ることも多かった。

保険会社としては、被害者側の弁護士がそのような条件を簡単に受け入れるのが一般的です。

保険会社は、時間と費用がかかる訴訟のリスクを避けたいと考えています。

率直に言って、これは保険会社にとって一定のプレッシャーとなるでしょう。

メリット2|適切な割合の失敗を交渉できる

慰謝料の増減に影響を与える「過失割合」は、示談交渉において非常に重要な役割を果たします。

過失割合の妥当性は素人には判断が非常に難しい分野です。

「事故モード」について詳しく見ていき、場合によってはドライブレコーダーについても言及します。

さまざまな角度から検討し、過去の多数の裁判例を参考にして「適切な過失割合」を導き出します。

メリット3|報酬額の増加が見込める

適切な過失割合を決めることができれば、不当な賠償額の減額を防ぐことができます。

また、弁護士基準で慰謝料額が算出されるため、「慰謝料増額」の可能性が高まります。

慰謝料が増額されるケースも多く、弁護士に依頼しないと損をすると言っても過言ではないかもしれません。

「入院補償」と「障害補償」の比較をご覧ください。

例:「頚椎捻挫」で来院した場合

(入院補償の比較)

通院期間自賠責保険任意保険基準弁護士基準

(司法の基準)

  • 3ヶ月258,000円約378,000円530,000円

  • 6ヶ月516,000円約642,000円890,000円

  • 8ヶ月688,000円約768,000円1,030,000円

  • 例:「頚椎捻挫」という重傷を負った場合。

(後遺障害補償金の市場比較)

等級自賠責保険基準任意保険基準弁護士基準

12級93万円約100万円290万円

14級32万円約40万円110万円

価格を比較してみると、その違いは明らかです。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/91.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。