交通事故の加害者側に弁護士は必要ですか?

 2024-05-26    32  

交通事故で過失が一方的に相手側にある場合でも、加害者側は弁護士をつける必要があるのでしょうか?

弁護士を付けるメリット

被害者との示談交渉に有利: 弁護士が間に入ることで、被害者の要求が過剰にならないよう交渉することが可能です。

交通事故の加害者側に弁護士は必要ですか?

過失割合の軽減: 事故状況や過失割合について、弁護士が調査?分析を行い、加害者側の責任を軽減するための主張を行います。

刑事手続きへの対応: 過失が大きい場合、刑事手続きに発展する可能性があります。弁護士は身柄の拘束や起訴回避のための弁護活動を行います。

弁護士を付けるデメリット

費用負担: 弁護士に依頼すると、報酬や経費が発生します。

時間と手間: 弁護士との打ち合わせや資料収集など、時間と手間がかかります。

示談が長引く可能性: 弁護士が介入すると、示談交渉が長期化する場合があります。

弁護士を付けるべきケース

以下のようなケースでは、弁護士の付与を検討することが推奨されます。

  • 被害者の過失割合が大きい場合
  • 被害者の要求が過剰な場合
  • 刑事手続きに発展する可能性がある場合
  • 過失割合が争点になる可能性がある場合

一方的に過失がある場合でも、弁護士を付けることで加害者側の負担を軽減し、有利な解決を目指すことができます。ただし、費用や時間などのデメリットも考慮することが重要です。自分の状況やニーズに合った判断をしましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1149.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。