交通事故慰謝料相談:交通事故の後、加害者はいつ謝罪すべきでしょうか?

 2023-07-20    189  

人身事故で被害者が入院したり、相手が死亡したりした場合、被害者が拒否したとしても加害者は謝罪すべきです。

image.png

謝罪するのに適切な時期はいつですか?

被害者がどのように謝罪を受けるべきか、どのように対応すべきかを考えてみましょう。

交通事故発生後はできるだけ早く

交通事故の後、加害者が謝罪した場合は、できるだけ早く謝罪することが重要です。

加害者に謝罪したくても、事故から数週間経つと謝罪の気持ちを伝えるのが難しい場合があります。

さらに、被害者は時間の経過とともに不信感を抱くようになる可能性があります。

具体的な時期としては、事故の翌日、または事故から3日以内に電話で謝罪の気持ちを伝えることが大切です。

また、加害者が電話で謝罪の意思を表明すれば、被害者宅に赴いて謝罪の準備をすることもできる。

被害者が面会交流を拒否したい場合は、この時点で加害者にその旨を明確にすることも重要です。

被害者が入院した場合

人身事故の被害者が入院した場合、加害者は相手の状態や状況を判断しながら病院に行って謝罪することが大切です。

被害者が退院後に謝るべきだと考えれば、当然不信感や憤りを抱きやすくなります。

当然、その後の示談交渉に支障をきたす可能性も高まります。

被害者の死

人身事故で被害者が死亡した場合、加害者は特に慎重な対応と謝罪をしなければなりません。

おそらく、被害者の家族は加害者の謝罪を軽々に受け入れることはないだろう。

それでも、加害者が事故の責任をきちんと認め、心から謝罪することが大切です。

謝罪を受け入れることで被害者が得られるメリット

交通事故が起きた場合、被害者の謝罪を受け入れることで加害者の謝罪を受け入れることで、被害者自身の感情が楽になり、その後の示談交渉が容易になるというメリットがあります。

軽度の接触事故や物損事故であっても、刑事事件を除き、事故が起きた以上、被害者は加害者と示談交渉を行って損害賠償額を決めなければなりません。

事故後、加害者が謝罪を申し出ても、被害者が理由なく拒否すると、たとえ保険会社が加害者の代理人であっても、示談交渉がスムーズに進まないことがあります。

一方で、被害者が加害者の謝罪を受け入れた場合、加害者は被害者が望む賠償額を積極的に受け入れる可能性が高く、円満な示談交渉が容易になります。

ただし、被害者が謝罪をどの程度受け入れるかは、事故の具体的な状況とその後の加害者の反応によって異なります。

通常は法的なアドバイスが必要となるため、弁護士に相談することをお勧めします。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/98.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。