事故の示談で警察を呼ばなかったらどうなる?

 2023-08-01    120  

交通事故は急な出来事で、対処に戸惑うこともあります。しかし、事故発生後に警察を呼ぶかどうかは重要な判断です。警察を呼ばなかった場合、以下の影響が考えられます。

image.png

  1. 保険会社への申請が難しくなる: 自動車保険会社への事故の報告が遅れると、補償を受ける手続きが複雑化します。保険会社が対応に戸惑い、補償を受けるまで時間がかかる可能性があります。

  2. 過失割合の判断が困難: 警察は事故現場を調査し、過失割合を判断する役割があります。警察が立ち会わない場合、各当事者の過失割合を証明することが難しくなります。

  3. 法的手続きの困難さ: 示談で解決した後に、怪我の後遺症が発覚することもあります。しかし、示談後の法的手続きは困難になります。証拠が不十分だったり、相手方が協力しない場合、補償を受けることが難しくなるかもしれません。

  4. 補償の適正な評価が難しい: 警察が事故を記録することで、補償額の適正な評価が可能になります。警察が関与しない場合、被害者は自ら証拠を集め、補償を要求する必要があります。

事故後は冷静に対処し、警察を呼ぶかどうか慎重に判断しましょう。交通事故専門の弁護士のアドバイスを受けることも重要です。適切な手続きを行うことで、過度の負担を回避し、公正な補償を受けることができるでしょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/121.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。