交通事故の後遺障害金額はどう計算しますか?

 2024-06-07    54  

交通事故によって生じる後遺障害は、身体的、精神的な影響を及ぼし、その程度によって等級が認定されます。後遺障害の等級によって、受け取れる損害賠償金の金額が異なるため、正確な計算が重要です。

後遺障害等級の認定

後遺障害の等級は、後遺障害認定基準に基づいて認定されます。この基準は、障害の程度を14段階に分類しており、入院治療日数や日常生活への影響、労働能力の低下などを考慮して認定されます。最も重度の第1級から最も軽度の第14級まであり、等級が高いほど後遺障害が重いことを示します。

交通事故の後遺障害金額はどう計算しますか?

後遺障害金額の計算

後遺障害金額は、後遺障害等級と自賠責保険の基準に基づいて計算されます。計算式は以下の通りです。

後遺障害金額 = 基礎加算額 × 後遺障害等級 × 年収

基礎加算額は、後遺障害等級によって決まり、後遺障害等級が高くなるほど金額も高くなります。年収は、事故発生前1年間の平均収入に基づいて計算されます。

例えば、後遺障害等級が第10級の場合、基礎加算額は446万円です。年収が500万円の場合、後遺障害金額は以下のようになります。

後遺障害金額 = 446万円 × 10級 × 500万円 = 223万円

注意点

後遺障害金額の計算は、認定された後遺障害等級と自賠責保険の基準に基づきますが、実際には交渉によって金額が変動する場合があります。保険会社から提示された金額に納得できない場合は、弁護士に相談することを検討してください。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1436.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。