交通事故の赤い本と後遺障害慰謝料の関係は?

 2024-04-21    33  

交通事故の赤い本と後遺障害慰謝料の関係は?

交通事故に遭った場合、後遺障害が残ることがあります。後遺障害とは、事故によって発生した身体的または精神的な障害のことを指します。後遺障害の程度によって、慰謝料の額が異なります。

後遺障害の等級を認定する際に使用されるのが、「交通事故による後遺障害の認定基準」(通称:赤い本)です。赤い本は、後遺障害の程度を14段階に分類しています。等級が高いほど、慰謝料の額も高くなります。

交通事故の赤い本と後遺障害慰謝料の関係は?

後遺障害慰謝料の算定には、赤い本に記載された基準が用いられます。慰謝料の額は、後遺障害の等級、年齢、性別などによって異なります。また、後遺障害が日常生活に与える影響なども考慮されます。

赤い本の等級と慰謝料の目安

交通事故による後遺障害の認定基準(赤い本)に記載された等級と、後遺障害慰謝料の目安は以下の通りです。

  • 1級:約5,000万円
  • 2級:約4,000万円
  • 3級:約3,000万円
  • 4級:約2,500万円
  • 5級:約2,000万円
  • 6級:約1,500万円
  • 7級:約1,000万円
  • 8級:約800万円
  • 9級:約600万円
  • 10級:約500万円
  • 11級:約400万円
  • 12級:約300万円
  • 13級:約200万円
  • 14級:約100万円

ただし、上記の金額はあくまで目安であり、実際の後遺障害慰謝料の額は、個々のケースによって異なります。

交通事故に遭い、後遺障害が残ってしまった場合は、弁護士に相談することが重要です。弁護士は、後遺障害の等級認定の手続きをサポートし、適切な慰謝料の獲得に向けて尽力してくれます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/293.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。