事故で謝礼金を支払うことはできますか?

 2024-05-10    17  

交通事故に遭った場合、加害者から謝礼金を支払われる場合があります。謝礼金は、被害者の慰謝料として支払われるもので、怪我の程度や後遺症の有無などによって金額が異なります。

謝礼金の請求方法

謝礼金を受け取るには、加害者に対して請求する必要があります。請求方法は、加害者の保険会社に直接連絡するか、弁護士に依頼して請求手続きを代行してもらう方法があります。被害者自身で請求する場合、保険会社から提示された示談金額が適正かどうかを判断するのが難しいため、弁護士に相談することをおすすめします。

事故で謝礼金を支払うことはできますか?

謝礼金の金額

謝礼金の金額は、事故の被害状況によって異なります。一般的には、以下のような基準で金額が決定されます。

  • 怪我の程度
  • 後遺症の有無
  • 治療期間
  • 逸失利益
  • 精神的苦痛

過失割合と謝礼金

交通事故に過失割合がある場合、謝礼金の金額は過失割合に応じて減額されます。例えば、被害者に20%の過失がある場合、謝礼金は80%に減額されます。ただし、過失割合が小さくても、慰謝料の請求は可能です。

時効

謝礼金の請求には時効があります。被害者が交通事故に遭った日から3年が経過すると、請求権は消滅します。ただし、例外として、被害者が未成年者だった場合や、加害者が逃走した場合などは、時効が停止されることがあります。

弁護士への相談

交通事故に遭い、謝礼金の請求を考えている場合は、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は、適正な謝礼金の金額を算定し、加害者または保険会社との交渉を代行してくれます。また、示談交渉が不調に終わった場合は、裁判手続きも代理してくれます。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/754.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。