交通事故訴訟流れ

 2023-08-30    153  

日本における交通事故訴訟の流れは、法的手続きに従って進行します。交通事故で紛争が生じた際、訴訟を検討する場合に知っておきたい基本的な流れを以下に説明します。

交通事故訴訟流れ

1.事故発生と被害届け:

まず、交通事故が発生したら、当事者は速やかに警察に通報し、事故現場に警察官を呼ぶ必要があります。被害がある場合は被害届けを提出し、事故の詳細を記載します。

2.非対面示談の試み:

交通事故の場合、まずは当事者同士で話し合いを行う非対面示談が試みられることがあります。保険会社の仲介を受け、損害の内容や過失割合を合意できれば、訴訟を避けることができます。

3.対面示談や和解交渉:

非対面示談が難しい場合や納得のいく合意が得られない場合、当事者同士で対面して示談交渉を行うことがあります。また、弁護士を介して和解交渉を進めることもあります。

4.裁判提起:

示談や和解が難しい場合、訴訟を提起することも考えられます。被害者が原告となり、被害者側の主張と被告側の反論が法廷で審理されます。

5.証拠提出と審理:

訴訟が始まると、双方は証拠を提出し、審理が行われます。証拠は事故の経緯や損害額などを立証するためのものです。

6.判決:

審理が終了すると、裁判官が判決を下します。過失割合や賠償額などが判決文に記載されます。

7.控訴:

判決に不服がある場合、当事者は控訴を検討することができます。控訴審では再審理が行われ、判決が変わる可能性もあります。

8.執行:

判決が確定した場合、判決内容に従って賠償金を支払うなどの執行手続きが行われます。

交通事故訴訟流れ、複雑な場合もありますが、法的な手続きに従って進めることで紛争を解決する道が開かれます。訴訟を検討する際には、弁護士のアドバイスを受けながら適切な対応を行うことが重要です。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/169.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。