交通事故での非接触事故の対応方法は?

 2024-04-22    23  

交通事故での非接触事故の対応方法は?

交通事故は、加害者と被害者が接触していない「非接触事故」の場合もあります。このような場合、事故の責任や損害賠償の請求方法が通常の事故とは異なるため、適切な対応が必要です。

1. 警察への届け出

非接触事故でも、他の事故と同様に警察への届け出が義務付けられています。事故の発生場所と日時、車両のナンバー、相手の氏名や住所などを正確に伝えましょう。

交通事故での非接触事故の対応方法は?

2. 証拠の収集

非接触事故では、接触がないため目に見える損傷がない場合もあります。しかし、後日症状が出たり、事故の責任を証明するために証拠が必要となる可能性があります。そのため、以下の証拠を収集しておきましょう。

  • 事故現場の写真
  • 目撃者の連絡先
  • ドライブレコーダーの映像(あれば)

3. 医師の診断

事故後、身体の不調を感じたら、すぐに医師の診断を受けましょう。非接触事故でも、むち打ちや内出血などの症状が出る場合があります。医師の診断書は、後から賠償金を請求する際に重要な証拠となります。

4. 加害者の特定

非接触事故の場合、相手車両を特定することが難しいことがあります。警察と協力して、相手のナンバーや氏名などの情報を取得しましょう。目撃者がいれば、その証言も役立ちます。

5. 損害賠償の請求

加害者が特定できれば、損害賠償の請求を行います。治療費、休業補償、慰謝料などを請求できます。保険会社に直接請求するか、弁護士に依頼して請求手続きを進めることができます。

注意ポイント

非接触事故で注意すべき点があります。

  • 過失割合の認定:非接触事故では、過失割合の認定が難しくなることがあります。相手が追突してきた場合や、急ブレーキをかけたことにより追突された場合など、明確な過失があれば過失割合も認定されやすいですが、そうでない場合は争いになる可能性があります。
  • 保険金の支払い:非接触事故は保険金の支払いが拒否されるケースがあります。保険会社によっては、接触事故のみを対象としていて、非接触事故は補償されない場合があるため注意が必要です。

まとめ

交通事故の非接触事故は、通常の事故とは異なる対応が必要となります。警察への届け出、証拠の収集、医師の診断、加害者の特定など、適切な手順を踏むことが重要です。過失割合の認定や保険金の支払いについては、注意が必要です。事故後には、弁護士に相談して適切なアドバイスを受けることを検討しましょう。

  •  ラベル:  

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/316.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。