交通 事故 相談(轢き逃げが発生する理由)

 2023-06-16    156  

交通事故で人にけがを負わせてしまった場合、車の運転者には救護義務があります。

しかし、たとえ義務がなかったとしても、まず被害者にけががないか確認をするのが通常でしょう。

では、なぜ轢き逃げは発生するのでしょうか。

交通 事故 相談

怖くなってとっさに逃げる

最も多いと考えられるのは、怖くなってとっさに逃げてしまう、ということでしょう。

車で人をはねることなど、ほとんどの方にとって初めての経験です。

どうしたらいいかわからなくて思わず逃げてしまうことも十分に考えられます。

そういう方は、しばらくして、冷静になってから現場に戻ってきたり、警察に自首したりする可能性もあります。

ただし、交通事故責任を問われることを避けるために、逃げていることも考えられるでしょう。

飲酒運転の発覚を逃れるため

あってはならないことですが、飲酒運転で判断力が鈍ったために交通事故を起こしてしまうことも考えられます。

呼気や態度などから飲酒運転が発覚することを恐れ、酒気が冷めるまで逃亡している可能性もあります。

飲酒運転に厳罰が適用されることは、今や車を運転する誰もが認識しているでしょう。

刑罰だけでなく、飲酒運転によって解雇されることや、社会的な制裁を受けることもあります。

時間が経ってから自首すれば飲酒運転が発覚しないと考え、一旦逃亡しているのかもしれません。

轢き逃げに気づかないことも

事故が軽い接触程度だった場合や、夜間で見通しが悪い道路だった場合など、轢き逃げしたことに気づかずに走り去ったとも考えられます。

泥酔して路上に寝ている人を踏みつけてしまって、気づかないまま運転を続けてしまう可能性もゼロではありません。

ただし、多くの場合「気づかなかった」は通用しません。

ほとんどのケースでは、運転手側が注意していれば気づくはずだったと認定され、轢き逃げによる罪が適用されます。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/36.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。