交通 事故 被害 者 相談:交通事故の被害者が対応すべきことは?

 2023-08-16    127  

交通 事故 被害 者 相談

①|まずは警察に連絡してください

まず最初にすべきことは、できるだけ早く警察に事故を報告することです。番号は「110」です。冗談じゃないよ、私は動揺しているとよく電話番号を忘れてしまう。

加害者が警察に連絡するのが一般的ですが、加害者も被害者も分からない交通事故や加害者が逃走するケースもありますので、可能であれば直接警察に連絡するようにしましょう。電話することをお勧めします

この時、相手が警察を呼びたくない状況もあるかもしれませんが、それは問題ありません。

過去に事故や違反を起こしたことがあるかどうか、飲酒状態にあるかどうか、または運転免許証の停止や取り消しの危険があるかどうかに関係なく、警察に通報するのはあなたの責任です。

ちなみに、警察への通報が間に合わなかった場合は刑事罰の対象となる可能性があり、人身事故が発生した場合には事故現場を視察し、事故に関する詳細な資料を作成します。

この文書は事故のパターンを明らかにする文書として証拠価値が高く、「過失割合」の判断に役立ちます。また、警察への連絡がなければ、交通事故が発生したことを証明する事故証明書を発行することはできません。

※事故証明書をお持ちでない場合、保険金の支払いが遅れたり、最悪の場合保険金が支払われない可能性がございます。

②|事故現場の記録

交通事故が起きたら、警察に通報するだけでなく、事故現場を「記憶」し、証拠として「記録」を残さなければなりません。

警察が到着して現場検証しても、タイヤの跡が消えてしまう可能性があります。損害賠償には現場での証拠が非常に重要です。

事故直後、事故車両の状態、衝突現場、怪我の現場、破損現場など周囲の状況を撮影します。

信号や一時停止、どの道路が優先道路かなどを確認します。

自分が所属する警察署と担当警察官の名前をメモしてください。

加害者の自動車登録番号、所有者の氏名及び住所、自賠責保険の保険会社名

③|運転者情報とナンバープレートを確認する

運転者様の「住所」「氏名」「年齢」「連絡先番号」「車体番号」「自賠責保険」「任意保険会社名」お車を必ずご確認ください。

相手が協力してくれない場合でも、ナンバープレートの写真を撮ってメモすることを忘れないようにしましょう。

自分の会話を録音することも重要です。

・加害者とのコミュニケーション

・警察到着前の内容

・警察などに話した内容

事故に関連するすべてを文書化することをお勧めします。

④|保険会社に連絡する

警察に連絡し、加害者の情報を把握した上で、保険会社に連絡してください。

首の捻挫などの後遺症(症状固定)が判明し、状況が落ち着いてから加害者と示談交渉を行うのがベストです。

交通事故に遭ったことを事前に保険会社に伝えておけば、示談交渉の際に書類を紛失するなどの遅れを防ぐことができます。

⑤|目撃者を探す

事故の目撃者がいる場合は、近くにいる人を探すことも重要です。目撃者が見つかった場合は、その住所、名前、連絡先を尋ねるのが最善です。

現場での面接で証言できる場合もあれば、後々有利な証言とみなされる場合もあります。さらに、事件に利害関係のない第三者の証人は、警察や保険会社から信頼されることが多い。

⑥|病院で医師の診断書をもらう

最後に病院へ行きます。明らかな外傷がなくても、首の捻挫、脳出血、骨折などの可能性があります。怪我と診断された場合は、病院から診断書をもらってください。

交通事故による痛みの場合は「物損事故」から「人身事故」に変更します。このような場合は、直ちに警察に届け出て、「事故証明書」の種類を「人身事故」に変更してもらってください。

⑦|交通事故証明書を取得しましょう

保険金請求の際には、警察に届けを出し、安全運転センターで「交通事故証明書」の交付を受ける必要があります。また、加害者と同様に自分の保険会社への連絡も忘れずに。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/146.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。