交通 事故 弁護士 相談 無料:交通事故の解決方法

 2023-08-23    128  

交通事故の解決方法

一、交通人けが事故はどのように合意しますか。

1、事故双方の当事者はいずれも賠償について協議し、できるだけ早く事故紛争を解決したい。双方が賠償について合意した場合、直ちに合意を履行し、文字合意に達したほうがよい。双方が賠償について協議したい場合、法律サービス機構の調停が必要な場合は、事故代理センターなどの法律機構に調停に参加してもらうことができる。

2、調停者が関連状況を紹介し、双方の当事者の身分、車番号などの状況を確認する。

3、双方の当事者が事由を陳述し、各方面の主張及び要求を提出する。司会者は交通事故の損害結果と双方の責任について双方に検証し、当事者に異議があるかどうかを尋ねた。

4、双方の当事者の陳述と実際の状況を結合し、事件の基本事実を明らかにし、双方の当事者に基本事実に対して論争があるかどうかを尋ねた。双方の当事者が事故の事実に異議を唱える場合は、当事者の意見を真剣に聞き、当事者を説得教育しなければならない。

5、双方の当事者が協議して一致した場合、司会者は双方の当事者の責任負担及び賠償費用の負担と履行期限について、事件の実際と結びつけて、調停協議の意見を提出する。

6、規定に従って調停協議費を受け取る。

7、「協議調停協議書」を作成し、事故双方は協議書の調停欄に賠償項目、金額と給付方式などの内容を明記し、双方の当事者と調停員は調停書にそれぞれ署名し、1式3部、当事者双方はそれぞれ1部、1部は保管して調査に備える。

二、どのような交通事故は自分で処理することができますか。

道路上で発生した車両物品の損失だけをもたらす交通事故の場合、当事者は事故が発生した事実に争議がない場合、自ら現場を処理することができる。

当事者が自ら事故現場を処理できる範囲:

1、逆走と正常走行に入った車両に発生した交通事故、

2、旋回車が直進車を先行させない交通事故、

3、後車と前車の安全距離を保っていない追突事故、

4、通行禁止線に入って正常に走行している車両と発生した交通事故、

5、バイパス車が幹線車を先行させなかった交通事故、

6、車線変更した車両が自車線内を正常に走行していない車両に先行して発生した交通事故。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/156.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。