交通事故慰謝料の交渉・交渉の仕方

 2023-09-05    184  

補償交渉を行う際には、双方が実際の状況に対処する必要があります。 交通事故により被害者が入院した場合、保険会社は、まず、事故の責任に応じて、自賠責保険の補償限度額の範囲内で、治療費や逸失賃金などを全額補償しなければなりません。 それでも不備がある場合は、相手方の車両の対人賠償責任保険を契約している保険会社が補償限度額の範囲内で責任割合に応じて補償するものとします。

交通事故慰謝料の交渉・交渉の仕方

1. 交通事故補償の交渉・交渉方法

補償交渉を行う際には、双方が実際の状況に対処する必要があります。 交通事故により被害者が入院した場合、保険会社は、まず、事故の責任に応じて、自賠責保険の補償限度額の範囲内で、治療費や逸失賃金などを全額補償しなければなりません。 それでも不備がある場合は、相手方の車両の対人賠償責任保険を契約している保険会社が補償限度額の範囲内で責任割合に応じて補償するものとします。

交通事故慰謝料項目とは、交通事故により加害者が被害者に支払う賠償金のうち、主に治療費、休業費、介護費、交通費、宿泊費、入院時の食事補助、栄養費、鑑定料、後遺障害慰謝料、障害者補装具代、葬儀費用、扶養家族の生活費、死亡慰謝料、精神的損害慰謝料。

2. 交通事故で相手が賠償を拒否した場合の対処法

交通事故の相手方が賠償金の支払いを拒否した場合、管轄の人民法院に賠償責任を求める民事訴訟を起こすことができます。

交通事故が発生した後、相手方が賠償を拒否した場合、交通警察が定めた事故責任に基づき、相手方に対して損害賠償請求を行うことができ、相手方が自動車の場合には、相手方に対して損害賠償請求を行うことができます。相手方の保険会社に賠償してもらいます。 相手の財産に関する手がかりを集め、裁判所に訴訟を起こした後、財産保全を申請し、相手の財産を封印し、侵害に対する賠償請求を行います。

被害者は治療中に発生したすべての経済的損失の請求書を保管し、傷害が安定した後に訴訟を通じて問題を解決するものとします。 民事訴訟の一審判決が言い渡された後、控訴期間は 15 日間であり、控訴期間終了後、相手方が判決の履行を拒否した場合には、人民法院に執行を申請することができます。判決の発効後 2 年以内に執行を行う必要があり、この期間を経過すると申請は受理されなくなります。 だから時間をコントロールしましょう。

交通事故の賠償金の支払いを拒否した場合、民事責任と刑事責任の両方が発生します。 民事責任については、交通事故が加害者に主たる責任、または全部の責任があると判断された場合には、民法上、被害者と敗者の双方が加害者に対して民事上の賠償責任を負うことを請求する権利を有します。加害者が賠償を拒否した場合、敗者は強制執行のために人民法院に訴訟を起こすことができます。 刑事責任については、交通事故を起こした犯罪については加害者が刑事責任を負います。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/186.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。