交通事故の原因は何でしょうか? (交通事故の5大原因)

 2023-05-23    506  

日本では毎年47万件以上の交通事故が発生しています。年々減少しているとはいえ、毎日交通事故で死傷する人がいます。 2017 年には 3,600 人以上が交通事故で亡くなりました。

事故が発生した場合、いくつかの要因が考えられます。事故に遭いやすい要因を知り、危険を認識することで運転中の意識が高まり、交通事故の防止につながります。

警視庁が発表している「平成29年中の交通事故発生状況」をもとに、交通事故につながる違法行為の原因と交通死亡者数をランキングしてみました。

交通事故

一、交通事故の原因は何でしょうか?

1、安全性が証明されていない (30.7%)

安全確認不履行は交通事故違反全体の約3割を占めており、一時停止や徐行のみで左右確認を行うなど、安全確認が十分に行われていないことを指します。

2、わき見運転 (15.6%)

漫然運転とは、前を見ずに運転することです。スマホやカーナビに気を取られたり、落ちたものを拾おうとしたりして前方から目を離した時です。特にスマートフォンの普及により、ながら運転は容易になりましたが、非常に危険な行為です。

3、動作注意力不足 (11.3%)

動作注意力不足とは、歩行者が横断歩道を渡ろうとしているのに立ち止まってしまうと判断するなど、相手の動作に十分な注意を払っていないことを指します。

4、不注意運転(8.6%)

運転中の放心状態です。運転に慣れてくると運転に集中できなくなり危険な場合があります。

5、運転に適さない (6.6%)

不適切な運転操作には、間違ったステアリング、間違ったブレーキ、アクセルペダルが含まれます。

これらは安全運転義務違反です。信号を一時停止したり無視したりすることになります。

故意の違反よりも不注意による事故の方が多いことがわかります。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/1.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。